Skip to content

鉄と裸

鉄と裸 published on

鉄と裸

鉄と裸
待ってたぜつるみくさん!ファンタジーな世界で繰り広げられるつるみく節でハードに抜きましょう。本格ファンタジー凌辱ADV「鉄と裸」の感想&紹介です。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  鉄と裸
 ジャンル  本格ファンタジー凌辱ADV
 ブランドメーカー  つるみく
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


※youtubeの埋め込み動画です。非エロです。

あらすじ
実際のあらすじはファンタジーらしく小難しいので
こちらで簡単に要約してみます。(詳しいのは概要ページでご覧あれ)

むかしむかし、あるところに大魔導師がおってな、
新たなモンスターを生み出すために異種姦しようと計画してたそうな。
ま、計画バレて人々は大魔導師をボコにすることに。
んで追い詰められた大魔導師は力の元「魔装具」を隠したわけ。
んで封印には聖女の力が必要らしくて女性だけの国を作ったんだってさ。

───そして、建国から860年。
男子の子種を少しづつもらって生きながらえてきた国は
他国から「なんか気に入らねぇ」と攻撃されているわけ。
むかしのことなんて忘れてしまって「この国が封印するのに大切」なこと
忘れちゃったんだよね皆。

そこで現れたのが1人の付与術師。
技術は素晴らしいので宮廷付与術師にしたんだ。

ま、それがお約束の「大魔導師」だったんだけどねw

●みんな大好きつるみく作品
え?嫌い?じゃないよねw僕も好きです、つるみく。
ハード業界を語るときに「つるみく」の言葉を出さないので違反です←
個人的にはタッチが好きなんだよね。
今までの作品はどこかリアリティのあるものが多かった印象だけど。
本作「鉄と裸」は王道ファンタジーものですね。
つるみくがファンタジックに作るとこうなるってのが楽しめると思いますよ。

●過去作の紹介
せっかくなので過去作も紹介…と。
まだ未プレイのものあれば是非プレイしてほしい。

HOUND-獣欲の買収者-
姦淫特急『松葉(まつば)』 ~ 肉欲のグルメ紀行 ~
夢喰い-つるみく式ゲーム製作- Re:dream
逆王道
姦白宣言

ちなみに姦淫特急松葉とHOUNDが個人的におすすめ。

●主人公つええええ
本作「鉄と裸」に限らずと言っても良いのだろうか…。
つるみくに出てくる主人公はどこか「カッコいい」。
不甲斐ない主人公が多い中、ハード系作品にピッタリの
これぞ「俺つえーw」主人公。見ていて清々しいし、好感が持てる。
しょっぱなから不死身の肉体を手にしているという無双っぷりw
そしてチートと呼ぶに相応しい記憶を抜き取る能力(魔術)。
負ける要素?そんなものは微塵も感じないw
エロ面に関しても嫌悪感を抱かないし、もっと言えば「邪魔にならない」。
それでいて怒涛のエロに繋げるまでの下準備ではその知略が垣間見ることが出来、
仕官から国を手に入れるまでのサクセスストーリーを見ることが出来る。

圧倒的有利な状態からヒロイン勢を油断させ付け込み堕としていく。
安心プレイとはまさにこのことであるw



●甲冑と裸ってこんなに合うの?!
みんな思ったよね。
僕もその中の一人。
頭隠して全身隠さず。
羞恥の最終形態?この時代の人たちはこういったシチュエーションで楽しまったのかな?
日本もさ、昔「市中引き回しの刑」とかあったじゃん?
あれってどういう刑かっていうと要は全裸で引き回す感じでしょ?(違う?)

正直、つるみくはこの一枚を作っただけで「すごい」と思ったね。
甲冑×エロの素晴らしさをこの一枚で羞恥させたんだもん。

頭隠して尻?いいえ全身隠さずですw

●ヒロイン紹介

アナスタシア=オースティン
聖王女。
多忙で抑圧された日々を送っているせいでやや歪んでおり、
捕らえた蛮族への拷問等を見学して密かに悦に浸るなど、
サディスティックな部分も持ち合わせている。

リナ=パスカル
聖騎士団の団長。お堅い。
基本的には部下から慕われていて信頼も厚いが、
中には家柄の低さから軽く見られて不満を持っている者もいる。

ゼノヴィア=アルスール
宮廷司祭の地位を持つ聖女。
人を助けたいという信念を貫くためならば
頑固で融通が利かないところすらあるほど。

フレデリカ=アルクィン
第一騎士隊の騎士隊長。
柔軟な思考の持ち主で、
現場の判断で独自に作戦の変更を行うこともあるため、
何もかも正反対な団長のリナからはよく睨まれている。

サリエナ=ハドリー
魔導師団の団長。
永続的な付与魔術を持つ主人公に並々ならぬ興味を持ち、
早々に親しい関係になる。



●シチュエーション
全ヒロインまんべんなくといった感じ。
ボリュームはかなりあるし尺自体も十分。
抜き面については問題なく安心して使用できる。
奇抜な内容としては…
母乳、触手、鎧エロ、オーク姦、拘束、アナル
牡牛様、腹ボテ、浣腸、スカトロ
…etc

正常位や背面騎乗位なんかももちろんあるけど
ファンタジー色の強いものや鎧を活かしたシチュ、
あとは「土下座」があったりとハード趣向の方にとって
喜ばしいシチュエーションが満載であった。

●拘束
これはつるみくさんならではの演出といいましょうか…。
拘束されている女性がとても美しいですね。
身動きの取れない状態でハードにやっちゃう。
そして快楽に目覚めたら

こうやって馬乗りになってもらって貪ってもらいましょうw

「くっころ…からの~」がニヤニヤしますねw

●シナリオ
他ブランドでいう巨乳ファンタジーの雰囲気を醸し出した内容。
ただこっちはハード系に特化しているわけで、
「つるみくが作ったら、こうなるんだよ」と語りかけられているよう。
主人公は「最強」である故に「安心感」はあるんだけど、
仕官からどうやって国取りしていくかをニヤニヤしながら楽しむことができるね。
徐々に貴族や王族の信頼を得ていき、そして、油断させて、その時がきたら「調教」開始。
ただ残念だと思ったのはせっかく築き上げてきた信頼を調教にうまく活かしきれていなかったって所。
俺最強なんだから最初から無理やりやっちゃえばよかったじゃん説が浮上しちゃうわけだ。
でもそれ言うと「どうせ死ぬんだから今死んでも一緒じゃん」とかすごい精神論的なことになってくるし…
うん、僕が間違っていました。と、とにかく、そういった気になる部分があるにしろ、
シナリオ自体も十分に楽しめます。前半、物語を楽しみ、後半怒涛のエロを楽しむスタンスとなっていますね。




●絵タッチ
つるみくを昔から知っている人にとっては「ぬるい」という人も
いるんでしょうが、時代が時代です。この時代からしてみれば
十分つるみくは「ハード」していると思いますよ。
ハード系初心者、特に「調教」に興味がある人にもおすすめできるかな。
絵タッチが気に入れば手に取ってもらっても良いと思います。
もちろんそれなりの覚悟必要ですよ?ハード内容ですしね。
塗りはもちろんの事、本作の重要な鎧も美麗に描かれていますし、
「好き」って思える人は多いんじゃないでしょうか。
ハード系を普段プレイしない人でもいけるんじゃないでしょうか。
拘束具合も僕は好きですし、悲壮なヒロインの表情もよく描けていると思います。

●実用性度&まとめ
実用性についてはハード系好きであるならば文句なしの◎
今までのつるみく作品をプレイしたことある人は、今回、
「ファンタジー」ときいてつるみくは違った路線に行ったと思ったんだろうけど、
それは半分当たりで半分間違いだったね。
つるみくらしさを失わずにファンタジーでしかできないことをつるみくはやってきた。
ってのが正解じゃないかな。
100点満点とは言えないけど、次回作(続編)は期待したくなる出来だったし、
他国との小競り合いを今後期待したくなるねw
FESTIVAL ~つるみく ウォーズ~ っていうファンディスクでファンタジー色の実験?したのが良かったのかな。
僕もFESTIVAL ~つるみく ウォーズ~を買ってプレイした時にエロの少なさに「これは未来への投資」と自分に
言い聞かせたよね…うん。でも結果、こうやって鉄と裸が出来上がったんだから満足していますw


体験版ありですね。
雰囲気確認されたい方はどうぞ。
甲冑×エロというマニアックなエロではあるものの
その魅力を十分に引き出せている作品。
触手やら怪物も出てきてハードに、マニアックに仕上げてきているのはさすがつるみく。

 作品名  鉄と裸
 ジャンル  本格ファンタジー凌辱ADV
 ブランドメーカー  つるみく
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar