エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド
凌辱エロゲーの名手・WAFFLEさんが手掛ける『エデンズリッター』シリーズの第2章!
触手・異種姦、凌辱好き必見のドスケベダーク系バトルファンタジー抜きゲーの傑作です!!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 体験版 
★★★★★
★★★★★
★★★★
あり

 作品名 エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド
 ジャンル アドベンチャー
 ブランドメーカー WAFFLE
 通常価格 9,680円
 体験版/DL販売

デモムービーのダウンロードはこちらから。

無料サンプル動画はこちらから。
無料サンプル動画だけでも30分を超える大ボリューム!
最初は気丈に振舞う女の子が、徐々に快楽に堕ちていく様子が堪りません!
ぜひ一度ご覧ください!!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドのあらすじ

かつて狂帝ガルベロスの名の下、大陸を戦火で焼き尽くした最強最悪の軍事国家「神聖ガルベリア皇国」。

狡猾さを増すゼノバイド教団に対抗すべく、エルアラド女王セシリィは同盟締結のため因縁の敵国に赴く。
だがそこで見たのは、死してなお蠢くおぞましき魔物の大群と、自国を守るために戦うダルベリア竜騎士団の姿だった。

そしてその先頭には、新たなるエデンズリッター──
現ガルベリア皇国を支配する「竜皇女」ヒルデガルドの勇姿があった──。

己が野望、そして理想の為。
父帝を手にかけ自らの「未来」さえもを神骸リリスに捧げたヒルデガルド。
成長することを止めた幼き肉体を襲うのは、悪夢の誘惑と未曾有の快楽。

幼き女帝が歩む覇道の先に待つのは、血塗られた栄光か、それとも逃れ得ぬ獄悦か──。

余が歩む、“覇王の道”をしかと見よ

凛々しい乙女が、
変えられていく高揚感

国民の平和の為、自分の信念の為に健気に戦う楽園の戦士たち。
その気高き心が踏みにじられ、快楽という名の暴力で蹂躙され、凛々しい戦士の顔が蕩けた雌顔へと変えられていく魅力を追求したシリーズです。

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドのストーリーはダーク系バトルファンタジー


『エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド』は前作『エデンズリッター 淫悦の聖魔騎士ルシフェル編』の続編です。
しかし、変身ヒロインが酷い目に遭ったり、触手や魔物に襲われたりといったダーク系バトルファンタジーが好きな方なら前作を知らなくても抜けると思います!
それだけのエロさを秘めている抜きゲー『エデンズリッター』のストーリについて、前作と比較しながらご紹介しましょう!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドが「ダーク系」と言われるワケ

前作の場合、エルアラド聖王国を背負って立つ聖女『セシリィ』は国民からの人望も厚く、命を奪うことを避け、全てのものを救おうとする、理想のヒーローそのものです。
その反面、2章では神聖ガルべリア皇国を引っ張るの女皇帝『ヒルデガルド』は、自分の欲望を実現するためなら国民でも躊躇なく殺し、恐怖と力で国民を無理やり従わせています。

このように、セシリィとヒルデガルドは言動から性格まで正反対。
どちらも『戦争のない平和な国』を理想に掲げているのにもかかわらず、ここまでの差が両者にでるのは見ていて面白いです!

他にも、『エデンズリッター』と呼ばれる騎士からエナジーを奪った淫魔がエデンズリッターに変化したり、国が淫魔に支配されたり、身を挺して守っていた国民から裏切られたり・・・
なるほど、ダーク系と言われるだけあります。

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドのエンディング

エンディングは前作と違い、全てを失った悲惨なエンディングが実装。
敵を倒してハッピーエンドのはずが、なぜこんなことに・・・となること間違いなしです。

まあ、「ダーク系バトルファンタジー」なのでこのようなエンディングがあっても不自然ではありませんが・・・
エロゲーや抜きゲーでここまでダーク系全開の終わり方もそうそうない のではないでしょうか?

プレイするなら必見のエンディングです!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドの敵は淫魔と人間

淫魔とエデンズリッターたちの戦いだけでなく、人間同士の意見の食い違いによる争いも見られます。

人間による『改革派』と『保守派』の対立があり、これが原因で国内部でもいさかいが発生。
国を力で無理やり支配するヒルデガルドのやり方では、前作とセシリィのやり方とは違って国民の反感を買いやすいです。
力で押さえつけようとすると反発する力もまた生まれます。

その結果、淫魔だけでなく人間同士でも争いが生まれるという、なんとも酷いことに・・・

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドでは、敵も味方も力が暴走する

前作に比べてヒルデガルドはかなり多く敗北します。
そのたびにもっと強くなろうとしますが、ついに自分の力を制御できなくなってしまう事態に・・・

その間に、今までヤられっぱなしだったエデンズリッターが淫魔をレイプするという立場逆転が!
これは前作では見られないエロ展開ですよ!!

エデンズリッターのもつ『性の疼き』を短所にするのではなく、淫魔を使ってスッキリするという長所にするとは、予想できませんね・・・
最終的にはミレイユが力の暴走を止めるものの、抜きゲーとしてのクオリティを上げる素晴らしい展開だと思われます!!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドの登場人物はファンタジー要素強め

エデンズリッターはダーク系バトルファンタジーという以上、その登場人物もかなりファンタジー要素が強いです。
普通の人間もいますが、ゾンビやオーク、魔人など様々。

もちろんかわいいい変身ヒロインもいるのでご安心を!
変身ヒロインたちをめちゃくちゃに凌辱して、エロさ全開!!

そんな抜ける変身ヒロインたちと、変身ヒロインを凌辱するドスケベモンスターたちを紹介しましょう!!

ヒルデガルド CV:千歳百合花
「竜皇女」の異名を持つ、神聖ガルべリア皇国の年若き女皇帝。B66(Aカップ)/W47/H71/プライド高く強気で、負けん気が強く高慢な性格だが、同時に民や国の発展を何よりも考えるノブレス・オブリージュの精神の持ち主。
苛烈とも思える性格と決断力を有し、恐怖と暴力で圧政を敷く前帝「狂帝ガルベロスに」対しクーデターを起こして追放し、今の地位を簒奪した。元魔竜騎士団の団長であり、ワイバーンの扱いと戦闘でのセンスは折り紙付き。
女皇となった今でも愛竜に乗り戦線へと自ら繰り出している。尊大な物言いで、無能な者相手には冷たく当たるが、能力のあるもの、勇気や意志のあるものは認める器の大きさも持つ。
エデンズリッター バルベリト
B99(Kカップ)/W61/H95/リリスの力を授かったヒルデガルドが、楽園の騎士として変身した姿。
ヒルデガルドとリリスの性質が反映され、天使ではなく竜の意匠が強い容姿になっている。
竜の角や翼、さら尻尾が生えているのが特徴で、戦闘力や戦闘スタイルにもドラゴンの特性が生かされている。またそれらの箇所は人間の性器以上に敏感な性感帯でもある。
ルーティア CV:榛名れん
エルフの姫騎士。エルフの王国シルマリルの王女。B98(Iカップ)/W62/H98/かつてガルベリア帝国と敵対していたエルフの国、シルマリルの王女だった。気高く高潔で、プライド高い性格。正義感が強く、悪事を良しとしない。
一本気で頑固、融通が聞きにくいところもある。自国の民や自然を愛し、ガルベリア帝国の侵略を良しとせず抵抗を続けていたが、その軍事力に敗戦。
最終的にヒルデガルドに命をかけた一騎打ちを申し込むが敗北。
その際、その強さや気高さを認めたヒルデガルドは彼女を殺すことはせず、むしろ自分の部下として迎え入れる。ルーティアは現在はガルベリア帝国の将軍職についており、シルマリルの統治を任されている。民からは相変わらず姫として慕われている。
エデンズリッター レラジエ
エルフの姫騎士、ルーティアが変身するエデンズリッター。聖骸リリスではなく、彼女の故国に伝わる「神樹の若枝」の力で変身する。
エルフらしい軽装で、巨大な弓と矢を武器とする。放たれる矢には魔力が乗せられ、どのような距離でも必ず獲物を貫く。
またこの弓は巨大な刃としても扱え、射撃による遠距離戦だけでなく、接近戦も得意とする。
ミレイユ CV:春山色葉
忠誠を誓うメイドにして、最大の腹心である懐刀。B101(Lカップ)/W58/H90/無機質で無感情なクールな性格。
華奢な外見だが、先帝の時代ではガルベロスの手飼であり、非合法の暗殺者として仕込まれていた。もともと奴●で、人間としても扱われておらず、幼少より暗殺の技を仕込まれ凄腕のアサシンとして調教された。
毎日が生きるか死ぬか、そして権力者の道具としてのみ生を許されていた生活の中で、心を失い殺●マシーンと化していた。ヒルデガルドの即位後、奴●制度は廃止され、奴●たちにも市民権が与えられた。ミレイユはその強さ、純粋さ、そして生への渇望をヒルデガルドに見出され、側室として起用される。
それ以来、自分に人間性を取り戻してくれたヒルデガルドには感謝と忠誠の意を示し、絶対の忠誠を誓っている。普段はメイドとして仕えているが、仕込まれた技量は錆びついておらず、主の命あれば戦闘や暗殺などもこなす。
エデンズリッター グレモリー
聖骸リリスと契約したミレイユが変身するエデンズリッター。クールな暗殺者の性質が反映され、アサシンの意匠が強い容姿になっている。
闇に紛れ、敵に存在を気づかれること無く倒す。
レゾフュア CV:花南
B73(Dカップ)/W48/H75/ゼノバイド教団の大幹部の一人で、死者を蘇らせ操る禁断の呪法・屍操術を極めたハイ・ネクロマンサー。
見た目は無垢な少女だが、実際には何百年も生きている魔女。とある目論みの為に、神聖ガルべリア帝国の前皇帝ガルべロスおよびその魔軍を復活させて利用する。
ガルべロス
蘇りし狂帝「狂帝」と呼ばれ世界中に恐れられた、神聖ガルベリア帝国前帝。
圧倒的な軍事力を背景に世界征服のための大戦を起こし、大陸中に戦火を撒き散らし交配させた。人間の身でありながら、淫魔の侵略以前では世界最大の脅威であった。
戦時中、当時魔竜騎士団長であったヒルデガルドに裏切られ死亡。
帝位を簒奪される。だが死んだはずの彼は、今再びその姿をガルベリア国土内に表す。
自分同様死んだはずの兵士たちを率い、再びガルベリアを己の手に取り戻すための戦争を始めたのだ。
この軍には兵士以外にも魔物、ゼノモンスも加わっている。
ゼノオーガ
下劣なる暴れ者巨大なオーガのゼノモンス。
通常のオーガと比べても身体がふた回り以上も大きく、屈強、粗暴。
振るった鉄鎖は建物を易々と打ち砕き、その威力は攻城兵器にも匹敵するほど。非常に下劣だが、知性もあり、●す女を激しく中傷しながら凌●を楽しむ。
ゼノワーム
熱砂の大喰らい死の荒野の砂漠地帯に棲む巨大なサンドワームのゼノモンス。
その巨大な口で、人や馬車などなんでも丸呑みのしてしまう。
丸呑みにした獲物は、その体内で唾液で溶かし捕食する。さらに獲物が女ならば、触手で穴という穴を責め立て、酸を獲物の体内に吐き出し、溶かし尽くす。
ゼノフリート
灼熱の魔人砂漠に存在する炎の魔神、イフリートのゼノモンス。
強大な魔力を持ち、ドラゴンの外殻すら焼き尽くす炎や巨大な火球を生み出して、ヒルデガルドたちを苦しめる。炎やマグマの触手を無数に操り、捕らえた相手を焼きながら陵●する。
常人ならすぐに死んでしまうが、炎への耐久力があるリッター・バルベリドには耐えられてしまうため、地獄の苦しみを味わうこととなる。
ゼノバブーン
群れを成す魔猿たちヒヒ、大ザルのゼノモンス。
森に棲むゼノモンスで、知能は低いものの群れを形成しており、野蛮。エルフ族と敵対しており、エルフの女をさらっては種付けする習性がある。
エルフであるリッター・レラジエに対して、群れを成して襲い掛かる。
ゼノゴーゴン
魔眼の蛇女ガルべリア皇国の反体制派の女貴族が変身する蛇女のゼノモンス。
メデューサの伝説の通り相手を石化させる能力がある。相手の意志を残したまま石化させることができ、そのまま石化させた獲物を弄ぶ。
ゼノファラオ
蘇りし亡国の王かつてガルべリア皇国が滅ぼした砂漠の民の王が、ゼノモンスとして蘇った姿。
大量の亡者の群れを従え、ガルべリア軍を追い込んでいく。全身を包む包帯で敵を捕らえ、水分を吸い尽くす。
さらに、包帯に含ませた女を狂わせる毒でエデンズリッターに襲い掛かる。
ゾンビ兵
神聖ガルべリア帝国と敵対する謎の軍団、魔軍の兵士。
その正体は前帝ガルべロス配下の旧皇国軍兵士がアンデッド・ゼノモンス化して、死してなお使役されているもの。外見は黒尽くめの全身鎧で不気味な印象を与える。
オーク
常に女に飢えている低級の淫魔。
人間から奪った鎧を無理やり装備している。個々の能力はたいしたことはないが、数が多いため、油断すればエデンズリッターといえども捕らえられ、慰み者になってしまう。
女竜騎兵
ヒルデガルドが率いる、ガルべリア飛竜騎士団。飛竜騎士にはヒルデガルド直属のエリートたちであり、ヒルデガルドに絶対的な忠誠を誓い、またヒルデガルドからの信頼も厚い。
ディランツ大臣
ヒルデガルドの教育係であり、槍の師匠でもある。
唯一、ヒルデガルドに意見を述べられる人物。ヒルデガルドから、絶対的な信頼を寄せられている。
戦略家としての知性も持ち、文武両道で、以前は飛竜騎士団団長を務めたほどの腕前を持ち、退任後も今も槍の腕は衰えていない。
バッカイル守備隊長
ガルべリア守備兵で、オークとの戦いで、バルベリトが凌●させる現場を目撃する守備隊長。
クレイコブとは仲が良くつるんでいることが多い。酒と女が大好きで、非番の時は、朝から酒場に入り浸っている。
クレイコブ守備副隊長
バッカイル守備隊長と共にオークとの戦いで、バルベリトが凌●される現場を目撃する守備副隊長。無類の女好きで、金があれば娼婦を抱きに行く。
ボルロイ伯
名家の当主で、プライドが高く、権力を振りかざし、傲慢な言動が目立つ人物。
代々、エルフを捕獲してきて調教し墜落させ、奴●として売り捌いて巨額な富を得ていた。しかし、ヒルデガルドが皇帝に就くと、人身売買を全面禁止としたことで、ヒルデガルドのことを良く思っていない。
無類の女好きで、エルフを奴●として見ており、慰めものにしたいと思っている。
貴族ラッドマン
嫌味な性格の貴族。
富や地位でしか相手を見ることができない小者。ボルロイ伯とは何かしらの繋がりがあるらしい。
ビグス公爵
地方の領地を持つ貴族で、ヒルデガルドに対して反骨心を抱いている。
保身的な考えの持ち主で、力ある者に寄り添い、従う。人を惹きつける演説も上手く、貴族たちもビグス公爵の発言には、不満を言うことなく、従う。
自分の能力に絶対の自信を持っている自信家でもある。
太めな体格の商人
知的な風貌と、ヒゲが印象的な商人で、貴族などの御用聞きでもある。誰よりもお金に執着していて、お金以外のモノを信用していない。
ガルべリア騎士 (指揮官)
ガルべリアの騎士で、兵士、守衛などを率いる指揮官。
ガルべリア騎士 (一般)
ガルべリア軍の騎士。
ローデヴィッヒ・ガルトラ
伯爵ガルトラ家の当主。
冷酷で、物事を冷静に判断できる男である。ヒルデガルドに恨みを持つ。
ヘカーテ
伯爵ガルトラ家の一人娘で、ヒルデガルドへのご奉公を望み、突然、メイド姿で現れる。怖がりで、臆病だが、常に伯爵の娘と言う立場をフル活用して生きてきた為、表面的には高飛車で勝気な姿を見せて、自分の弱さを隠して生きてきた。
ガルトラ家の執事
伯爵ガルトラ家の執事として働く男。
白髪と、髭がおしゃれな、几帳面そうな雰囲気が漂う外見をしている。
拷問官エゾモ
前皇帝時代から拷問官として雇われている男。拷問が大好きなゆがんだ性格が影響し、顔も醜くゆがんでいる。
拷問が大好きで、拷問をさせれくれれば、誰にでも使えるので、忠誠心は皆無。
エルフ女騎士 エミリ
エルフ女騎士副団長で、ルーティアの腹心でもある。エルフ女騎士副団長としての立場、役割を常に念頭に置き、全力でルーティアを支える。
エルフ女兵士
ルーティアに仕えるエルフの女兵士。
旧ガルべリア守備兵
かつてガルべリアがガルべロスによって統治されていた時代の守備兵。前皇帝ガルべロスと共に、アンデットとしてこの世に蘇る。

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドの抜きどころは触手・異種姦・凌辱プレイ!


エロシーンはWAFFLEさんの作品だけあって、触手や異種姦などのハードな凌辱プレイが多く、まさにダーク系バトルファンタジーという印象。

流石はWAFFLEさん!!
ハード好きな人の心を掴んでる!
そこにシビれる!あこがれるゥ!

そんな極上凌辱エロシーンをご紹介しましょう!!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドの触手姦

まずはエデンズリッターの触手姦について見てイキましょう!



いやあー・・・
WAFFLEさんの触手への愛が伝わってきますね・・・!

この触手のグロテスクかつエロい表現!
エロの文化遺産があれば登録したいところです!!

触手が女の子の穴という穴に挿入!
中から外へズボズボして、真っ白い精液をビュービューしちゃってます!!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドの異種姦

エデンズリッターにはオークやオーガによる異種姦も完備!
早速こちらも見てイキましょう!!


お尻にもおまんこにも同時二穴挿入でガッツリ凌辱!
さらにごっついチンポがおまんこにずっぽりぶっ刺さっているものも!!

こんな状況、現実はおろか、エロゲー、抜きゲーでもなかなかお目にかかれません・・・
WAFFLEさんの触手姦と異種姦への愛に感謝してもしきれませんね・・・!


まとめ:エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドは触手・異種姦が多いダーク系ファンタジー


今回ご紹介した『エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド』、いかがだったでしょうか?
これ程のダーク系ファンタジー、私でなくても見逃しませんね・・・

豊富な登場人物たちが、あの手この手でエロ満載の凌辱プレイを実行!
据え膳食わぬは男の恥・・・

こちらも全身全霊、抜くといたしましょう・・・!!

女の子が酷い目に遭うエロゲー・抜きゲーが大好きな方はぜひプレイを!
前作から始めるとよりエデンズリッターの世界観に没頭できるので、前作も要チェックです!!

エデンズリッター 淫悦の聖魔騎士ルシフェル編
戦うヒロイン敗北からの異種姦Hシーンに特化した、ダーク・ハード系抜きゲーシリーズ「EDEN’S RITTER」の第一作です!パケにピンときたらチェック!

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルドが好きな方はエデンズリッター 淫悦の聖魔騎士ルシフェル編もおすすめです。

異種姦好きには外せない傑作!
ぜひ一度ご覧ください!!

 作品名 エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド
 ジャンル アドベンチャー
 ブランドメーカー WAFFLE
 通常価格 9,680円
 体験版/DL販売

 

関連作品もどうぞ


コメントは受け付けていません。