Skip to content

ニュートンと林檎の樹

ニュートンと林檎の樹 published on

ニュートンと林檎の樹

ニュートンと林檎の樹
あの天才物理学者がもしも女性で、しかもわがままロリっ娘だったら……?
女体化ニュートンの「万有引力」発見のため奔走する、コメディ調でちょっとHなシナリオゲーです。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★★ 
 ★ 
 ★★★★ 
 ★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  ニュートンと林檎の樹
 ジャンル  コミカル・タイムトラベルADV
 ブランドメーカー  Laplacian
 通常価格  7,800円
 体験版/DL販売

ニュートンと林檎の樹 のあらすじ

『ニュートンは、天才少女のペンネームだった!?』

主人公・朝永修二(あさながしゅうじ)と幼なじみの一二三四五(うたかねよつこ)は、
行方不明になった修二の祖父を追ううち、ひょんなことからタイムスリップしてしまう。

その先にいた一人の少女。

彼女こそが、後の世に語り継がれる近代科学の父
アイザック・ニュートンその人だった!
ニュートンは、ちっぱい美少女だったのだ!

そうとは知らず、彼女の目の前で林檎の木を派手になぎ倒してしまう修二。

「今……何か、とてつもなく重要なことを思いつきそうだったんだぞ!!」

なんとふたりがタイムスリップした瞬間は、
ニュートンが万有引力を思いつくその瞬間だったのだ!

こうして、修二の浅はかな行動から世紀の大発見は消失した。
そのうえ、まるでドミノ倒しのようにどんどん変わっていってしまう重要な歴史。

時は17世紀!
舞台はイギリスの名門、10の橋が架かったテンブリッジ大学!
修二は果たして歴史を修正し、現代に帰ることができるのか!

Laplacianが送る【大いに笑って少しホロリ】なタイムトラベルアドベンチャー!

主な登場人物

朝永 修二(あさなが しゅうじ) 主人公
175cm/A型

科学嫌いの思春期男子。主人公。童貞。
日本で二人目のノーベル物理学賞受賞者の祖父と比べられる学生時代を過ごし、気付けばすっかり物理アレルギーに。
自由奔放だった祖父がイギリス旅行に行ったまま行方不明になり修二も現実から逃げるように冴えない音楽活動をしていた。
そんな童貞が、幼馴染である四五との再会をきっかけに、ひょんなことからタイムトラベルしてしまう。
ヒロインに寄り添い悩みを解決しながら、消えた祖父の謎を追う、物語の主人公。

アリス・ベッドフォード CV:秋野花
148cm/Aカップ/B型

飛び級でテンブリッジに入学してきた天才少女。
アイザック・二ュートンというペンネームで論文を発表していて、歴史には男性として記録されている。
女性である、というだけで自分の論文が正当に評価されないことに納得がいかず、架空の男性のペンネームで論文を発表し始めた。
高い能力に負けないほど自尊心と自己顕示欲も強く、テンブリッジでは浮き気味。
図書室の本に勝手にメモをする癖があり、蔵書のほぼ全てにアリスのメモがある。

一二三 四五(うたかね よつこ) CV:白雪碧
165cm/Eカップ/A型

身の回りのあらゆるものを計測し、あらゆる言葉を定義しないと気が済まない定義ガール。
修二の幼馴染みであり、幼少期に修二の祖父から科学の楽しさを教わって以来、ずっと理系畑を歩んできた。
毎朝、自分のスリーサイズをミリ単位で計測し、記録するのが日課。
スタイルの話をすると何のためらいもなく最新のスリーサイズを教えてくれる。
名前の通り数字には強いが、実は不器用な女の子。

九十九 春(つくも はる) CV:小倉結衣
160cm/Fカップ/O型

17世紀のイギリスで天文学を学んでいる、日本からの留学生。
春の祖父の代で渡英したはいいものの、その後日本は鎖国。
イギリスで生まれた春は一度も日本を見たことがなく、強い憧れを持っている。
アリスの唯一の理解者であり、互いに支え合いながらテンブリッジでの日々を送っている。

ラビ・ジエール CV:民安ともえ
146cm/Aカップ/AB型

テンブリッジのあちこちで、しょっちゅう火災を起こしている問題児。
理論を積み上げて結論を出すアリスとは対照的に、直感と推測で結論を導き出す奇才科学者。
自分の直感が”Yes”と言えば科学も魔術も気にせずに取り入れる自由な発想の持ち主。
修二がこの時代の人間ではないと誰よりも 早く見抜き、猛烈に好奇心を抱く。
今一番欲しいものは、素直に言うことを聞いてくれる男性被験者。

エミー・フェルトン CV:春乃いろは
149cm/Cカップ/A型

幼い弟たちの為に、テンブリッジで勤務しているメイド。
アリスと春が住んでいる寮で生活していて、掃除洗濯料理と、寮生の世話係も兼任している。
仕事中は、力チューシャは外さない。つまり彼女のノン・力チューシャ姿を見られるのはプライベートな時間だけ。
そして、ほぼ毎日働いている彼女とプライベートな時間を過ごせるのは、特別な関係の人物だけ。
だからこそ、力チューシャには、価値がある。

ゲームのコンセプト

難しいことは あまり考えない!
コミカル・タイムトラベル

「大いに笑って少しホロリ」、それがLaplacianのブランドコンセプトです。
今作でもそのバランスは崩さず、前作で好評だったギャグシーンの数々は顕在です!
今作のタイムトラベルには、下半身を大人しくさせてしまう難しい設定ナシです。
Laplacianが描くのは、あくまでヒロイン達の身近な悩み。
それを、セックスをしながら解決してあげるのです!

―――公式サイトより引用

あの天才学者達が、もしも「美少女」だったら

数百年前の中世~近代の時代を生きる女性は、まだまだ社会進出することが難しかった……。
今まで発表された有名な論文に名を連ねるのは男性たちばかり。
そんな時代にタイムスリップしてきた現代人の主人公は、このあと世界的に認められることとなる重大な法則を発見…する予定だった場面を派手に邪魔してしまい、ある事に気が付きます。

自分たちの知る歴史では「男性」であるはずの、アイザック・ニュートン。
実は、女性の論文が正当に評価してもらえない事に腹を立てた「女性」の大学生・アリスが寄稿する際のペンネームだったなんて、だれが予想しただろうか。

ネタバレになってしまうので多くは語れませんが、先ほど紹介した他にも数々の有名な学説を唱えた人物をモデルにしたキャラクターが多数登場。
ニュートンと親交のある人物もいますが、ライバルも現れます。
主人公が邪魔をしたことにより「万有引力」どころか、他の分野の学説にも危機が迫る…かも!?

とにかく絵がきれい

絵のタッチがバラバラすぎると、果たして本当に同じひとつのゲームをやっているのか…と、わからなくなることってありませんか?
本作の原画家は3人いますが、どのキャラクターも統一性があり、違和感は感じません。
むしろここまでよく合わせたなって感心するぐらいです。

ハード系ではなく個別ルートでのいちゃラブHに重きを置いている本作のベッドシーンはこだわりがいっぱい!
この時代の建物にはまだ電気はきていない!という設定を反映しており、夜は月明りの下で…という雰囲気満点のHシーンを楽しめちゃいますよ。
さらにもうひとつこだわっているのは射精ですね。
電気だけでなく、コンドームもまだないのでは?という考えで、ぴゅっぴゅしまくりです!
妊娠しちゃうかもしれないとか、そんな萎えてしまうような小難しいコトは、そっと置いておきましょうwww

背景美術や小物まで美しく細かく描かれており、ビジュアル面は大満足!
舞台となるイギリスの大学や街並みは、本当にそうであるかのように、それっぽく再現されています。
そんなわけで僕の★評価は絵に全振りしたいと思います。www

キャラソン(?)が全員分用意

「キミトユメミシ」では、ヒロインのうち一人だけがどういうわけか猛プッシュされており、その子の攻略ルートに進むと専用のキャラソンとムービーが流れるという特殊な仕様になっていました。
コレが高評価を得たようで、次回作であるこちらでは、各ヒロインの専用曲とムービーがそれぞれのルートに用意されました!

ちなみに残念ながらサウンドトラックにはこれらの曲が含まれていないため、ゲーム内の演出以外で聞けるモノを手に入れたいという人は、リリース当時にお店で配布されていた予約特典を中古で探すしか手がありません……。
全種類一気に聞ける媒体が欲しいよね。
僕も欲しかったです。

ニュートンと林檎の樹 のまとめ

笑いあり・涙ありの、コメディとシリアスのいいとこ取りをしているエロゲーで、シナリオの面白さは保証します!
空想科学を織り交ぜつつも実在の史実をなぞる真面目なシーンから、ラプラシアンの十八番である童貞いじりをしてくるキャラなどのお馬鹿なネタもあり、マンネリする部分がなくノンストップで楽しめました。

実在の人物をモチーフとして「女体化」したヒロインのゲームは、たいていは戦国時代モノの文系学科的な題材が多く見受けられますが、こうした理系な作品も面白いですね。
現役で理数系の単位を取ろうとしている学生さんだったり、そういう学校を出たりして知っているという人であれば、より一層楽しめるかと思います。
残念ながら僕はあまり数学とかに明るくないので、途中ちんぷんかんぷんで付いていけなくなりかけました…が、丁寧に説明してくれるシーンが時々挿入されるため、スキップで飛ばしすぎなければ少しは理解できる。

しかし同ブランドの前作「キミトユメミシ」よりも、抜き所のボリュームが劣っているのが残念なところ。
性癖バラエティーに富んだあちらのHシーンと比較してしまうと、だいぶヌルく感じます。
特殊という感じではないけど、この中で唯一変わってると思うのは、おもらし属性のメインヒロインぐらいですかね……?
エロ関係なしに普通に楽しめてしまうのは年齢制限アリのゲームとしてはどうかな~と思う所ではありますが、エグすぎる表現はなく素直に面白いので、エロゲー初心者の入門ソフトとして是非オススメしたい逸品。

 作品名  ニュートンと林檎の樹
 ジャンル  コミカル・タイムトラベルADV
 ブランドメーカー  Laplacian
 通常価格  7,800円
 体験版/DL販売

——————————ディスクリプション用テキスト————————————————————

「ニュートンと林檎の樹」というエロゲーを今回は紹介します。抜きゲー@もあでは、人気作はもちろん隠れた名作まで、さまざまなエロゲーを紹介しています!

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar