Skip to content

青い空のカミュ

青い空のカミュ published on

青い空のカミュ

青い空のカミュ
きゃわわなヒロイン・爽やかな絵柄に反して、中身はゾンビまみれのパニックホラー系のシナリオゲーです。
選択肢を間違えたら即バッドエンドでバケモノとの凌辱シーンが展開される!?

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★★ 
 ★★★★ 
 ★★ 
 ★ 
 あり 
 あり 

 作品名  青い空のカミュ
 ジャンル  美少女AVG
 ブランドメーカー  KAI
 通常価格  8,424円
 体験版/DL販売

White Blue のあらすじ

―――たとえ世界が失っても、たとえ世界を失っても―――

これは二人の少女を繋ぎ止める三日間の物語。
ただ完璧な日の捻じれた不条理。
空は青く果てしなく、透き通るように無意味だった

Qui a tue fille

そのことだけが知りたくて。

燐と蛍は川の中流域にある学校に通う友達同士、二人で町に買い物に行った後、夕方電車に乗って帰るときにうっかり寝てしまう。
燐が目を覚ました時、そこは蛍の住む村にある終点駅だった。
自分の降りる駅からかなり寝過ごしてしまった。

燐は「寝過ごしちゃった。蛍の家に泊めてもらおうかな」と笑うが、すぐに様子がおかしいことに気づく。
乗客は既に降りたかもしれないが、終点の駅にも、まだ夜の8時にも関わらず、誰もいなかった……。

主な登場人物

込谷 燐 (こみたに りん) CV:榊原ゆい

蛍の友達である、快活な少女。
「大丈夫、わたしが蛍ちゃんを守るから」

三間坂 蛍 (みまさか ほたる) CV:蒼依ハル

三間坂家の一人娘、座敷童の血を引く。
「燐と一緒だから平気だよ」

オオモトサマ CV:成瀬未亜

三間坂家の座敷童。
「儀式なんてものには意味はないの」

高森 聡

燐の従妹の測量士。
「ははっ、僕の事なら心配はいらないよ。燐の体重くらいなら、ちゃんとバランスを保ってれば大丈夫」

知っているようで知らない世界を二人で旅する

〆鯖コハダ先生による全面プロデュースで実現した、アートブック+SSのような「雰囲気ゲー」が登場!
イラストもシナリオも両方手掛けているからこその整合性で読み応え抜群。
本作のブランド・KAIらしさがものすごく押し出されているものの、今までの明るい作風とは打って変わって、今回はホラーです。

寝過ごした電車を降りると、まだ人がいてもおかしくない時間帯だというのに、親友以外誰もいなくなってしまっている「異世界」に変わっている。
ヒトのような衣服を着ているけど、なにかがおかしい村人たち。
恐ろしい姿に変わってしまった家族を目の当たりにすることもあるでしょう。

だけどふたりでなら大丈夫、きっと乗り越えられるよ。

はたしてこの不条理だらけの世界を脱出することはできるのか!
一歩踏み外せば、異形の者たちから襲われる怒涛のレイプシーンが待っているんだけどな……www

有名文学作品を知っていると楽しめそう

本作のタイトルにもなっている著名な作家、アルベール・カミュの代表作「異邦人」や「ペスト」などから引用したと思われ、それらをモチーフとして描いたかもしれないテキストや美麗な背景が、本編中にたくさん出てきます。
また、「不条理」な世界をテーマにした作風もよく似ているといえるでしょう。

たとえばこのサンプルを見てください。
月あかりに照らされながら、ヒロイン二人でなかよくプールで泳ぐシーンなのですが…「ペスト」に登場する海水浴シーンとよく似たテイストとなっているそうですよ。

このように、作中ところどころで見られるシーンの数々には、何らかの元ネタが存在していると考えられるものが多く偏在しているのです。

紹介している自分自身はそういうものに疎いほうなので、今作をプレイする前にあらかじめ知っておきたかったと思う作品が多々出てきちゃいました……!
皆さんも、一度も読んだことがないのであれば、あらすじやレビュー程度でもいいので軽く本の内容を知っておくと、本作がもっと楽しめるんじゃないかなと。
僕みたいに後で後悔しないよう、お伝えしておこうと思った次第です。

それにしても…絵が描けるだけでなくいろんなものに造詣が深い〆鯖コハダ先生、いったい何者なんだ?www

DMM GAME PLAYER必須

今までのブランド過去作はそうではなかったのですが、本作のDL版では作品管理IDがDMM GAMESのものになっていますね?
ということは…そうなのです、あのソフトのインストールが必要なのです。

僕は、エロゲー本体だけで単体起動できた方が楽でいいと思うほうだったのですが、近年Steamとかの一括で管理できるクライアントソフトがいろいろ出てきて、ちょっと便利だな~と考えを改めていますw

青い空のカミュ のまとめ

ふたりの主人公の清らかな友情を描いた文学作品のようなテイストのシナリオゲー
エロよりアートを…というコンセプトを追及するブランド・KAIならではの、少し不思議な世界観設定が光る逸品であります。

フルプライスでありながらシナリオはだいぶ短く、絵に全振りした印象がある。
Hシーンの総量は残念ながらごくわずか。
女の子同士の友情なら…と想像する人もいるかもしれないので釘を刺しておきますが、百合のシーンもまったくありません。
サービスお色気シーン程度になってしまうのです。
しかし絵の美しさはピカイチで、先ほども紹介したプールのシーンは特に綺麗でした。

グッドエンドを目指して読みたいがために、頑張ってバッドエンドを回避していくと、正しい選択肢ではなんと一切のHシーンがなくなるという潔さwww
それに、グロテスクな見た目の敵(?)から襲われるシーンばかりで、没入感とか実用性は皆無かな……。
そんなわけで抜き度の★評価はひとつだけにしておこう。
ブランドのコンセプト的にはこれでよしなんだろうけど、当サイトの紹介コンセプトには合わないかな。

抜きゲーとしてはどうなのさ!?と思うけど、その肝心のバッドエンドでの凌辱シーンを見せられゲームオーバーっていうのは、昔懐かしい唐突に終わっちゃう感じのアドベンチャーゲームをプレイしているかのようで、僕個人としては楽しくプレイできました。


詳しくは言いませんが、考察しがいのある難解なストーリーということもあり、エロ要素抜きでもめちゃくちゃ楽しめる作品だと思います。
公式サイトにて、全31回+αの長きにわたるメッセージがたっぷりと用意されているので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 作品名  青い空のカミュ
 ジャンル  美少女AVG
 ブランドメーカー  KAI
 通常価格  8,424円
 体験版/DL販売

関連作品もどうぞ

Categories

Primary Sidebar

Secondary Sidebar