Skip to content

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~ published on

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~
わるきゅ~れの平成最終作も、安定の凌辱抜きゲーでしたね……w
さぁ調教(革命)の始まり始まり!高貴な純潔プリンセス姉妹をふたりまとめて堕とせ!!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★★ 
 ★★★ 
 ★ 
 ★★★ 
 あり 
 - 

 作品名  絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~
 ジャンル  王女姉妹調教ADV
 ブランドメーカー  わるきゅ~れ
 通常価格  2,592円
 体験版/DL販売

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~のあらすじ

大陸の中でも広大な支配領域を持つ、長く勇ましい歴史を誇る巨大君主国家『ロメルタニア』。
主人公、フランツ・コントラは、恵まれた土壌と豊かな自然に愛されたこの国の『王宮治安防衛隊』と呼ばれる国家上級騎士として仕えていた。

その陰で彼には別の顔も。
彼は、周辺国の諜報活動や、思想改革と称した反体制派の尋問・粛清、時には性的調教など国家の暗部ともいえる任務を果たす、秘密治安維持機関『セクスタ』の一員でもあった。
ある日、彼は直属の上官(長官)にあたる内務大臣、アドリアン・サプナルから、ある重大な情報を聞かされる。

「今のお言葉は本当ですか長官!?」
「ああ……君にしか頼めないのだよ、同志」

それは、現国王・ヴァーツラフの独裁体制に不満を持つ者たちを結集させての革命計画。
現体勢を打倒した暁には、現国王の愛娘、レミスとフィオーリの二人を傀儡として、トップに祭り上げるというものだった。

そして、フランツは二人の姫君を傀儡とすべく性調教を行い、身も心も従順にさせるようにと極秘任務を命じられる。

(ククククク……)

フランツは突然の命令に戸惑うどころか……内心で歓喜に震えていた。

(……ようやくだ。どれだけこの日を待っていた事か!)
(あの男に死以上の強烈な屈辱と絶望を味わわせる手段はないかと、模索していた中で……これは願ったり叶ったりの事態だ!)

元より拒否権など存在せず、あったとしても『あの男』――
国王・ヴァーツラフに恨みの炎を燃やしていた彼の返事は決まっていた。

(これはあの時の『復讐』なんだ!俺の人生を狂わせたあの忌まわしい日から一日たりとも忘れなかったあの男への……)

復讐を果たすべく、麗しき姫君姉妹の調教役を引き受ける事となったフランツ。
果たして、フランツは彼女らを籠絡し、彼が心の中に描く、壮大なシナリオを実現させる事ができるのだろうか――

高慢な姉

レミス・ロメルタニア CV:綾音まこ

ロメルタニア王国第一王女。
長い金髪と切れ長の瞳が麗しい、良質の美貌とスタイルを持つ少女。

ワガママなボディに比例して、性格は生意気で気が強く、自信家。
そんな高慢な性格が素敵と考える特殊な殿方から求婚の声もあるが、
本人は自分のお眼鏡に適っていないとして断っている。

地位や名誉に執着する傾向が見られ、常に尊敬と羨望の対象でなければ気が済まず、
親の七光りで得た様々な肩書きをいくつも持っている。
『セクスタ』の『最高特別名誉長官』という称号も、そのひとつ。

肩書きを利用して、政治にも口出しをするので、国王の失政の責任は、彼女にも一部ある。
それ故に、国民の多くは彼女のじゃじゃ馬ぶりに辟易している様子。

実妹のフィオーリを「フィー」と呼び、姉として愛している。

フランツについては、孤児という『穢れた』出自と、妹をたぶらかす男として、敵視・嫌悪している。

そんな屈辱的な調教を受ける中、彼によって自身の秘められた『ある性癖』が顔を出そうとは夢にも思っていない。

「賎民の分際で、私に命令するんじゃないわよ!」

淑やかな妹

フィオーリ・ロメルタニア CV:高梨はなみ

ロメルタニア王国第二王女。
艶やかな銀髪ツインテールが年相応の少女らしさを出す愛らしい少女。

顔立ちは実年齢より幼いながらも、姉のレミスにも引けを取らないスタイルの良さを持つ。
控えめな性格に反して、男好きのする肉付きをしている。

レミスと比べると、気品があり淑やかな性格で、はじめて彼女に会った者は傲慢な国王の娘とは信じられないリアクションを起こす。
清楚な容姿に比例するように、国民の窮状を理解しており、心を痛めている優しい性格の持ち主。

レミスよりも人気と人望があり、国民は彼女の存在がこの王政の唯一の良心ととらえ、
早く彼女が次期女王になってくれれば良いのにと願っている。

持ち前の歌声を生かして、劇場を中心に芸能活動を行っている。
この活動には、王国の広告塔の他に、国民の不満を抑えるための娯楽の意味を持っている。
フィオーリ自身も自分の歌声で、国民が少しでも幸せになってくれればと、贖罪の気持ちを込めて活動している。

逃れる事のできない快楽を植え付けられ続けた結果、豊満な肉体に『ある変化』が訪れるが、
犯される前の彼女にはまだ知る由もない……

「微力かも知れませんが、少しでも国民の皆さんが元気になってくれれば…」

絶叫を上げまくる低価格抜きゲーメーカー

これまで約15年も良質な「ひぎぃ系」な鬼畜凌辱作品を世に送り出してきたブランド・わるきゅ~れ(VALKYRIA)による、待望の新作が登場!
本ブランドでは、エロくなければエロゲーじゃない!…をモットーに、主にハードな凌辱シナリオの作品を、2000円程度と超お手頃な価格で続々とリリースしています。

ロープライス抜きゲーですから、シナリオのブッ飛び具合はさておき、どの作品でも実用性に特化したHシーンCGが満載!
日常シーンそっちのけでCGすべて100%エロのみ…なんていうトンデモ作品まであるとか!?www

肉感たっぷりのHCGを堪能♪

今回ご紹介する作品の原画は、わるきゅ~れではおなじみの原画家・おしゃれ教室先生が担当!
どうでもいいけど、いつもあの作風のどの辺が「おしゃれ」なのか、僕は長年疑問に思い続けています……w

おしゃれ教室先生の絵柄の特徴は、むっちりぷにぷに柔らかそうな質感の肉付きだと思うんですよね。
たとえ痩せ型の女の子であっても、少し体を曲げたり捻ったりすれば、自然とシワやお肉が集まる部分ができるわけでして。
それを美少女ゲームという媒体に落とし込もうとすると、たいていの場合熟女ものなんかに親和性の高いリアルタッチな絵になるのですが……。
それをおしゃれ教室先生が描くと、ロリであっても若い女の子であっても、良いぷに具合を保ちながら「萌え」な絵柄にとどめて下さるんです!

個人的に、この価格帯のエロゲー画力評価としては最高点をあげたい。

王への復讐のため、姫君を壊せ!

生意気なプリンセス。清楚なプリンセス。
主人公の人生を狂わせた憎き国王に復讐するために、自分が受けた以上の絶望と屈辱を与えるために、向けられた矛先は…国王の娘たち!

その高貴で儚い純潔を欲望の赴くままに汚し、DNAを悩ましい肉体に注ぎ込め!
溜まりに溜まった積年の恨みをザーメンと化し、果てなくブチ撒けろッ!

好きでもない汚れたチンポによる屈辱の調教イキを重ね、辛く苦しい肉体性労働の日々を強いられるも、強制的に与えられる快感には逆らえない彼女ら。
やがて気品のあった美貌は悦楽のアヘ顔と破瓜の血で赤く染まり、舌の根も乾かぬ内に妖しく湿潤した唇から卑語を吐きまくる「ロイヤル・ビッチ」へと成り果てるのです……!

……そして、やがて勃発する「革命」
これまでにプレイヤーが進めて来た選択肢によって、王女姉妹と国の行く末に大改革が起こる!?

ものすごく注意点

わるきゅ~れの過去作の傾向を知っている人や、どんな演技をする声優なのか知っている人だったらもうとっくに準備万端だろうけど……。
Hシーンでは伏字ピー音一切なしの卑猥語と、泣きわめくとんでもない絶叫が響き渡るので、あらかじめヘッドフォンを用意しておくことを強く推奨しますッ!!!!!
もしスピーカーで音量を上げていて、隣人から苦情が来たとしても知りませんからねwww

絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~のまとめ

わるきゅ~れの作品は、わかりやすく初っ端からブッ飛んだ設定な作品が多いのですが、本作ではめずらしく王道なお姫様ヒロインなモノ。
どなたでも手軽にオカズ補給しやすい価格と、万人受けする高貴なお姫様のメス堕ちシナリオとで、凌辱モノ初心者にもお勧めしたい…と言いそうになるところなのですが、フタを開ければ超級者向け!
おびただしい射精量とその時に流れる迫真のBGMといい、Hシーンでの台詞の言い回しといい、演出が独特すぎるんだよwwwww

お値段以上のHシーン率を誇るわるきゅ~れですが、本作も抜き重視という事で一定の水準は保っていると思います!
「変幻自在の女体マスター」と言われる原画家による、零れ落ちそうなほどのヒロインの肉感がたまりません。
ロープライスでシナリオそっちのけであれば、これが正しい抜きゲーの姿と言っても過言ではないでしょうw

本作には4つの結末がありますが、残念ながら(?)ヒロインが元の高貴な姫に戻るというエンディングは皆無。
なので、とことんハードに攻めまくるのが好きな方にはめっちゃハマると思います。
姉妹ヒロインのうち、妹フィオーリのほうは主人公にちょっぴり好意があるものの、間違ってもいちゃラブには決して期待しないこと…主人公は復讐鬼ですからね。

 作品名  絶対服従プリンセス ~姫辱革命録~
 ジャンル  王女姉妹調教ADV
 ブランドメーカー  わるきゅ~れ
 通常価格  2,592円
 体験版/DL販売

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar