Skip to content

鉄と裸 -Fairies Falldown-

鉄と裸 -Fairies Falldown- published on

鉄と裸 -Fairies Falldown-

鉄と裸 -Fairies Falldown-
ファンタジーな世界で繰り広げられる、痛々しく救いのないハード凌辱Hが人気の秘密!
「つるみく節」が炸裂するテツトラシリーズ、2発売に合わせて1のリメイクも出ているんですっ

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★★★ 
 ★ 
 ★★★ 
 あり 
 - 

 作品名  鉄と裸 -Fairies Falldown-
 ジャンル  本格ファンタジー凌辱アドベンチャー
 ブランドメーカー  つるみく
 通常価格  4,062円
 体験版/DL販売

【鉄と裸 -Fairies Falldown-】のあらすじ

聖王国とかつて盟約を交わしていた【蜃気楼の森】のエルフの集落が陥落。
女王がアシュレイの手に落ちたという報告を受けた妖精界の古代種族──
ハイエルフの民は、長らく遠ざかっていた人間界の激変を確かめるために、一人のハイエルフに蜜命を与えられた。

かつて女王と交流を持った事がある彼女は、百年ぶり、二度目の人間界への来訪に緊張を隠せないものの、女王が心配で始めて人間との接触を試みる。

しかしこれは最初からアシュレイの仕組んだ罠だった───。

主な登場人物

アナスタシア=オースティン

聖王国【オースティン】の頂点に君臨する聖王女。
先代の女王である母親を失ったばかりで、若くして国を取り仕切っている。
兵を鼓舞するため進んで戦闘にも参加する勇敢な女性であり、自ら敵と切り結ぶような事態は滅多にないものの、その腕は聖王国随一と言われ、かつて【フィレーユ聖戦女隊】を率いて最後に自らの手で大魔導師を封印したという戦乙女の再来と謳われる。
ただし普段は猛々しさなど微塵も感じられず、高貴な者特有のオーラを纏った物静かな女性。
多忙で抑圧された日々を送っているせいでやや歪んでおり、捕らえた蛮族への拷問等を見学して密かに悦に浸るなど、サディスティックな部分も持ち合わせている。

リナ=パスカル

聖騎士団の団長を務める女性。
かつて討伐隊に参加した【フィレーユ聖戦女隊】の女騎士の子孫で、貴族階級として扱われているエリート。
気品と品格を兼ね備える凛とした女性で、全女騎士の中で最も腕の立つ人物であり、また豊富な戦術・戦略を持つ指揮官としても名高い。
ただしエリート故の気位の高さから、いささか鼻持ちならない部分もあり、また騎士団を統括する身のためか柔軟な思考に欠ける面もある。平たく言えば、お堅い。
基本的には部下から慕われていて信頼も厚いが、中には家柄の低さから軽く見られて不満を持っている者もいる。

ゼノヴィア=アルスール

まだ若いながら、その突出した能力で宮廷司祭の地位を持つ聖女。
神の加護により、悪霊の浄化や治癒の奇跡などを行う。
その力は凄まじく、どんな怪我人でも死んでさえいなければ元通りに治療してしまうと言われる。
どんな悪人にでも情けをかけてしまう心優しい女性。
時には綺麗事ばかり並べる偽善者と呼ばれることもあるが、
それは彼女の本質ではなく、人を助けたいという信念を貫くためならば頑固で融通が利かないところすらあるほど。

フレデリカ=アルクィン

聖騎士団の女騎士の一人で、第一騎士隊の騎士隊長。
聖王国の生まれではなく、貧しい実家のため近隣都市から志願して洗礼を受け、その腕で騎士隊長まで上り詰めた叩き上げの女騎士。
実際には幼少時に親に差し出されたというのが正解だが、建前上志願したことになっている(これは出自が似たような者全員がそうなっている)。
聖王国生まれの者からは低く見られがちだが、同じく外から入ってきた女騎士達には騎士隊長まで上り詰めた英雄として期待と羨望の眼差しを向けられ、
人懐っこい性格と世話焼きで面倒見のいいところもあって慕われている。
柔軟な思考の持ち主で、現場の判断で独自に作戦の変更を行うこともあるため、何もかも正反対な団長のリナからはよく睨まれている。

サリエナ=ハドリー

宮廷魔術師の地位を持つ女性。魔導師団の団長も務めている。
魔術師ながら、鎧を身に付け騎士として前線にも出るため魔導騎士と呼ばれることもある。
白黒ハッキリつけたがる性格で、何事も整然としていないと気が済まない性格。
そのためか正義心も強く、悪・即・斬の理念に基づいた行動はよくゼノヴィアとの衝突を招く。
剣の腕はそこそこだが、魔術との連携によりその強さを何倍にも高めている。
永続的な付与魔術を持つ主人公に並々ならぬ興味を持ち、早々に親しい関係になる。

カトリーヌ=オードラン

聖王女アナスタシア直属の親衛隊隊長。
厳格で生真面目な性格であり、自他共に厳しくある事を常に心がけている女性。
しかしその態度は自分に自身が持てない弱さの裏返しでもあり、強い意志を維持するための行動という一面がある。
聖騎士団長のリナに負けず劣らず腕が立ち、統率力は高いが中には「一緒にいると気が休まらない」という者も。

追加されたヒロイン

ジュディス=ユーレンティヌス

【ユーレンティヌス】は妖精界においてジュディスが属する集落の名であり、
そのまま人間で言うところの姓に当たる。古代種族ハイエルフの一人で、その中では極めて若いが、
人間よりはるかに老いるのが遅くすでに年齢は百を超える。ただし妖精界に引き篭もっている事も相まって
心身共に成熟してはおらず、人間界に住むエルフに比べて物質的存在感がどこか希薄。
妖精界に住まう上位種であるハイエルフは、人間界の森に定住するエルフ以上に精霊魔術に長けており、
特にジュディスは隠密系の術と風の術に秀でている。そのためアシュレイでも容易に侵入を感知できないほど。
アシュレイの手で霊的にも性的にも汚され、貶められる事によって存在が変質する運命を辿る。

まごうことなきハード系抜きゲー屋

精神的にだけでなく肉体的苦痛を伴う、超鬼畜系のハードSMな作風を主軸に置いていた、かつて存在した美少女ゲームブランド・たっちー
とくに「永遠となった留守番 ~パパは帰らない~」がとっても有名で、ハード系が苦手なエロゲーマーでももしかしたら知っているかも?
アソコまで尖った作風には(世間体的にも)なかなか戻れないとは思うけれど、それでも充分にその意思を継いでいるのがこちらのブランド・つるみく なのです!
善人としてヒロインたちに接し、信頼や好感が程よく高まってきたところで突如裏切り、本来の残忍さをちらつかせる性格に戻って絶望の淵に落とす…という歴代主人公のクソっぷりも、きちんと受け継いでいます。

新時代の膜破りを再び目撃せよ!!

過去作をプレイしたことのあるコアなファンも再び楽しめるように工夫されています。
こちらのリメイク版には新たな攻略ヒロインが登場する追加ストーリーが収録されているのだッ!
追加ストーリーでも前作以上にこだわり抜いた残忍さで、徹底凌辱するHシーンを多数収録。

あ、そうそう。
本作発売に伴い、リメイク前のものはDMMでは販売終了しています。
昔のと何が変わったか見比べたいって人は、パッケージ版を検討してね。

テツトラと言えば

鞭打ちや蝋燭、焼印なんかは当たり前。
エルフ耳を強く噛む・魔物による腹ボコ獣姦・フィストファックなどの圧倒的ハード系シチュエーションは本作イチの見どころでしょう!



中でもとくに奇抜で特徴的なのは、やっぱりこの絵面だな!
まさに、「頭隠して全身隠さず」
兜の銀色と、裸体の肌色のコントラスト…ここでしか見られない公開露出散歩をとくと堪能せよwwwww

【鉄と裸 -Fairies Falldown-】のまとめ

追加シナリオありの廉価版といった感じで、フルプライス作と同様に膨大なボリュームなので、攻略までの時間がけっこうかかります。
全てのヒロインまんべんなくエンディングが用意されており、中出しか外出しかの選択によって強制妊娠または雌奴隷堕ちの展開へ発展していきます。
もちろん、ハーレム特殊ENDも存在しますので安心してください……フフフw

シナリオよりもハードな抜き所がメインとしつつも、上記のことから手軽な抜きゲーではないと思うので、抜き度の★評価は3つで止めておくことにします。

普段のつるみくであれば、リアル寄りな現代設定の作風が多いのですが、舞台をファンタジー世界に移しても容赦なしの凌辱シーンを魅せつけてくれる。
新ヒロインをも果てなき欲望で侵略・蹂躙するシーンは、さすがつるみくだなといったところでしょう。
ハード系エロゲーマーなら大満足頂けること間違いなしの作品です!!


記事の冒頭にて紹介した旧ブランド「たっちー」の一部タイトルはプレミア価格がつくほどの有名作もありますが、現在はDL販売が開始されていることもあり落ち着いてきた印象です。
EX12に権利を移管し、DMMにて販売中ですので、合わせて是非チェックしてみてください。
そのハードさは今以上、一般人にはとてもじゃないけどお勧めできませんが、きっと本作が好きな人ならばご満足いただけるはずwww

 作品名  鉄と裸 -Fairies Falldown-
 ジャンル  本格ファンタジー凌辱アドベンチャー
 ブランドメーカー  つるみく
 通常価格  4,062円
 体験版/DL販売

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar