Skip to content

ココロノ

ココロノ published on

ココロノ

ココロノ
ツン罵倒・自損・正義感・逆レイプ…愛があれば何でもアリと言い出しそうな、病み病みメンヘラ女子のオンパレード!
男性側のほうが身も心も襲われちゃう、狂気のヤンデレ属性エロゲーです。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★ 
 ★★★★★ 
 ★★★★ 
 ★ 
 あり 
 あり 

 作品名  ココロノ
 ジャンル  歪んだ学園群像ADV
 ブランドメーカー  FlyingShine黒
 通常価格  3,024円
 体験版/DL販売

あらすじ
ただの日常がずっと続くと思っていた。
この関係はずっと失われないと思っていた。

荻良太は毎日を意味もなく過ごしている。

幼馴染み二人とじゃれあい、先生に怒られ、先輩と部活に励む。
変らない毎日と変らない日常。
荻良太はそれに不満も何もない。

夏休み直前の季節。
いつも通りの毎日。
不満も不平もない。
もうすぐ夏休みが来ると思っている。
去年と何も変らない夏休みが。

彼は気づいていない。
自分が際どい均衡を作り上げている事に。

彼は気づいていない。
自分以外の全員が何を考えて、生きているかなんて。

荻良太という『中心』が、今まで違った動きを見せた時。

狂った日常が始まることに、彼はまだ、気づいていない。

●いつも仲良し3人組……?
荻 良太
私立七条学園二年生
この物語の主人公。
親と離れて暮らしている。
自身の関心のない物にはそれほど興味も示さない。
他者からどう見られてるかはあまり気にせず、思ったまま行動している。
ある意味、今時の普通の学生。


家事万能な幼なじみ
鴨居 由真 (かもい ゆま) CV:逢川奈々
良太の家でその家事の腕をふるう家事万能な良太の幼馴染み。
付き合いは一番古く、幼稚園以来一緒である。
少し無愛想で突拍子も無い所があるが、基本的に良太と誠には甘い。
「あとは色気があれば完璧なんだけどな」とは良太の談。

明るく陽気で朗らかな親友
相田 誠 (あいだ まこと) CV:榎津まお
女顔で有名な主人公の親友。明るく陽気で、いつも笑ってることが多い。
また食欲が旺盛であり、その身体からは考えられないほどよく食べる。
幼なじみトリオの中でもムードメーカー的な存在であり、交友関係はかなり広い。
「小動物系だよな。ウサギとか? よく判らんけど」とは良太の談。

●学校で会える3人
極端に人を遠ざける後輩
城田 美紀 (しろた みき) CV:Ageha

先天性で疾患したアルビノの少女。その為か、初夏だというのに常に長袖を着ている。
人との触れ合いを極端に嫌い、人の居ない場所をよく好む。
また、その体質ゆえか日光が苦手であり、常に日陰に居ると言っても過言ではない。
「その赤い瞳に見据えられると、逆にこっちが忘れられなくなる」とは良太の談。

いつもニコニコ笑っている部活の先輩
神代 裕子 (かみよ ゆうこ) CV:五十嵐ナナコ

神代食品という会社のご令嬢。なにげにお嬢様であるが、本人はジャンクフードなどを好んで食べている。
いつも穏やかで常に笑っているという印象が強く、良太にとっては心のオアシス的存在。
演劇部の部長であり、部員がふたりしか居ないという現状で、やる劇を常に模索し続けている、責任感が強い人。
「ぽやぽやしてて、一緒にいるとなんか落ち着く人」とは良太の談。

なんだか怖い 女神のような先生
畠 静子 (はたけ しずこ) CV:星野もえる

良太・由真・誠のクラスの担任。若くて、ハツラツとしていることからも学園では人気が高い。
思ったことはストレートに言ったり、罰則が非常に子供じみていたりする。
威圧感は他の教師の比ではなく、言われたことにクラスの誰もが首を縦に振るとか。
「綺麗なんだけど、なんていうか、苦手……ていうか、怖い」とは良太の談。

●度を越した「ヤンデレ」ヒロイン
ハード面に特化したシチュエーションで高評価を得た「ミライ」シリーズでおなじみのフライングシャインが贈る、恐ろしいヒロイン大集合の本作。
あのシリーズでは犯されたりするのはヒロイン達でしたが、こちらでは主人公(もちろん男性)が襲われるッ!?

(一部ルートのバッドエンドでは、想いのすれ違いが行き過ぎてヒロインが犯されるというシチュも…)

ヤンデレとは、キャラクターの形容語の1つ。
「病んでる」と「デレ」の合成語であり、広義には、精神的に病んだ状態にありつつ他のキャラクターに愛情を表現する様子を指す。
その一方、狭義では好意を持ったキャラクター(デレ)が、その好意が強すぎるあまり、精神的に病んだ状態になることを指す。
―――Wikipediaより引用

こういった特徴、すべて本作のヒロインたちには多くあてはまるかと。
特にメインヒロインである由真はこれの後者の説明にある通り、まさに代表的な病み例ですな!

他にも思い思いの病み方をする子たちが勢ぞろい。
人の善意を信じることができなくてツン要素が強めに出る、美紀ちゃん。
自分への愛を試そうとあえて他の男へすり寄っていく、裕子。
変な正義感を振りかざしつつ子供じみた罰則を望む、静子先生。
そして最後にはトランスジェンダーな想いを隠してきた誠くんと、まさかまさかのBLルートへと発展する……!?

●綱渡りながら一途な恋愛を
心を病んだヒロインとの交流を描いている本作は、一見なにを考えているのか分からない人物の心の深部まで描くこととなり、今までに体験したことのない深い物語が展開されていく!
ラブコメあるあるの「きれいごと」だけではとても済みそうにない、リアルな青春群像劇を味わえます。

どのヒロインのルートへ行っても、主人公は「引き返すことができない」状況に遭遇する。
彼女のことを知ろうとすればするほど深みにハマっていき、裏の顔を見てしまったことで放っておけなくなる、お人好しな主人公なのですw
悩みを解決してあげようとするやさしさが裏目に出て、時には間違った方向へ二人して堕ちてしまうことも……

●絵のタッチはアニメ調
フライングシャイン系列といえばこれでしょ!
っていうぐらい癖のある古くさめな絵柄が特徴的。
それもそのはず、まあ10年前のゲームだからね。
エロゲーのグラデ塗りに慣れている人だったり、最近の若人はもしかしたら受け付けないかもしれないけれど、僕は好きです。

これでHシーンの時にアニメーションがあったらよかったのにな…非常に惜しい。
会社の社長が高跳びしてしまったらしいのでリメイクとかが期待できないのが残念である

●まとめ
ヒロイン全員がヤンデレになるという、尖りすぎた題材の本作。
言い方はすごく悪いけど、ヒロイン全員トチ狂った発想で主人公に迫りくる!?
選択を誤ればヒロインが悲惨な結末を迎えるほか、一部では主人公も心を病む展開へ進みます。
他のラブコメ物でよくある、口で言うだけ言って特に事件は起こらないというものでは終わらせず、攻略対象全員が何らかの間違った方法で主人公を縛り付けていくシナリオが満載です。

ヒロインたちの性格や体形は種類豊富で、極端にロリや熟女がいいという人でなければ、どんな好みにもきっとフィットすることでしょう。
色白やせ型からたれ乳まで、自傷行動に出る子もいれば一方的に想いを押し付ける子。
非常に幅広くカバーされています。

サブ扱いではあるもののまさかのBLルートまであり、正直な所かな~り人を選ぶと思う。
ヤンデレというだけでも充分に過激だけど、サンプルCGなどでは紹介しづら過ぎる猟奇的・グロテスクな表現も多々あるから、血生臭い展開が苦手なヌルめエロゲーマーは手を出さないでほしい。
逆に、一部ヒロインがそういう気質ってだけでは物足りない体になってしまった…という奇特な人には超オススメします。

好きな人を傷つけてしまうといった描写が本作の肝であり、他作品でよく見かける「○○に近付く女は排除する!」的な攻撃の方向はココにはありません。
精神的にも、また、身体的にもグサリとくるダークな作品でありながら、彼女らなりの純愛を貫こうとするヒロインのけなげな姿に、感覚がだんだん麻痺してきそうだ……w

 作品名  ココロノ
 ジャンル  歪んだ学園群像ADV
 ブランドメーカー  FlyingShine黒
 通常価格  3,024円
 体験版/DL販売

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar