Skip to content

神楽黎明記 ~紫の章~弐

神楽黎明記 ~紫の章~弐 published on

神楽黎明記 ~紫の章~弐

神楽黎明記 ~紫の章~弐
道中で倒れると、妖怪たちに凌辱されてしまう……!?
抜き特化の異種姦Hシーン+ローグライクRPGの低価格シリーズ、今回は過去作に登場したヒロインが再登場。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★ 
 ★★★ 
 ★ 
 ★★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  神楽黎明記 ~紫の章~弐
 ジャンル  何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG
 ブランドメーカー  でぼの巣製作所
 通常価格  3,240円
 体験版/DL販売


※RPGパートもしっかりとチェックできるデモ映像です!

あらすじ
稲黍神社で平穏な日々を送っていた【鏑木紫】。

親友の退魔士たちが不在のある日、神社に退魔の依頼が舞い込んでくる。
不安はあるものの、過去に一人で怪異を解決したこともある紫は「困っている人たちがいるのに放っておくことはできない」と、依頼を受ける事を決心する。
依頼先の神社に到着した紫は、早速怪異の原因となっている妖怪の探索にあたるのだが…。

●人気作の番外編が、手軽に遊べる低価格で登場!
2003年発売の「夏神楽」から10年以上続いている看板RPGタイトル、神楽シリーズ。
中でも、毎回属性の違うヒロインと妖怪との異種姦凌辱に重きを置いているのが、ロープライスで展開しているこの「神楽黎明記」なのです。

本家では様々なヒロインが登場しますが、黎明記シリーズでは低価格という事で一人のヒロインにスポットを当て、ひたすら凌辱シーンが収録されています!
今回の主役は…しぐさが子供みたいで合法ロリっ娘なヒロイン・紫ちゃん!!

●今回も安心のクオリティ
でぼの巣製作所と、姉妹ブランドのStudio e.go!のほとんどのゲームソフトでは、同ブランド代表でもある山本和枝先生が原画を担当。
今も昔も変わらない、美麗なヒロインを描かれています。
もちろん、本作も直々に原画を描いておられる……。
複数人で分担して描いているゲームだと、粗が目立ったりしてしまうことがあるものですよね。
大変だとは思うけど、高品質の秘訣はやっぱり一人で全て担当しているからだと思います!

そしてこの黎明記シリーズではもうおなじみだけど、立ち絵及び一部イベントCGにLive2Dアニメーションを搭載。
ADVではキャラクターの立ち絵が生きているかのように可愛く、Hシーンでは身体が艶めかしく動きます!

●神楽と言えば、異種姦の嵐!!
上述しましたが、各タイトルごとに一人のキャラにスポットを当てています。
そのヒロインと妖怪のHシーンを描くことで、ヒロインの性格や性感帯など特徴の現れるHシーンに!

妖怪ごとにシチュエーションも様々だけれども、特に「2回目」となる同じ妖怪とのHシーン描写はエロさ倍増でオススメwww
一度Hシーンを見たことがある妖怪に再び襲われた場合、いわゆる快楽堕ちとなってしまった姿の新しいシーンが登場します。

本作では、過去作をプレイしたユーザーから要望の多かった、待望の「バッドエンド」が追加されました。
(以前紹介したものでは「妖怪化する」というのがあったんだけど、あれはバッドではなかったというのか……?)
特定条件を満たせば、過去作になかった新しい印象のシナリオが現れるわけですね~。

●本格RPGゲームとしても楽しめちゃう
抜き特化のロープライス作品といいつつも、本家の神楽シリーズと同様のローグライクシステムを採用。
オカズとなるHシーン以外も、何度も繰り返し楽しく遊べるゲームになるよう設計されているのです!
この手のゲームの特徴である「プレイするたびに変化する自動生成ダンジョン」はそのままに、黎明記ならではの要素として妖怪を仲間にするという「百期夜行システム」が今回も光ります。

また、黎明記シリーズ過去作で作成したセーブデータを連動させることが可能です!
シリーズの熟練プレイヤーであれば、だるく感じる周回がグッと簡単になりそうですね。

ふつうのゲームが苦手だから心配というエロゲーマーでも大丈夫!
本作は無理にクリアしようとしなくても別に良いゲームです。
え、なぜかって?
それはね…負けたら異種姦レイプシーンだから!!
負けた方がむしろ我々の業界ではご褒美です、アリガトウ!!!!!

●まとめ
低価格なだけあってあまりサンプルCGが用意されておらず、ここではたくさん紹介できないのが実に残念!
殆どのシーンが触手やいろんな妖怪との異種姦なので、人間メインがいいって人は向いてないかも。
しかしちゃんとHシーンもRPGも両方見どころをおさえてある体験版が用意されているので、そちらで雰囲気をチェックしてください。

よくある紙芝居みたいなノベルゲームと違って、本気で遊べるゲーム性となっているのが本シリーズの最大の強み。
フルプライス作品に負けず劣らずのクオリティで今回も楽しめます。
しかしこのシステムが仇となり、すぐには抜けないのが抜きゲー的には難点となってしまいますね。
(まぁ負けちゃえばいいんだけど!)

今迄のシリーズはどれから遊んでもいいんだけど、本作は以前登場したヒロインの再登場となっている続編モノなので、あたりまえですが元のやつからやった方がより楽しめます。
というわけで、こちらの前作もご一緒にどーぞっ。


次回作ではどのような属性のヒロインが登場するか、といった話を前にもしたよな?
過去にもあったけど、こういった形で「ヒロイン2周目」を再び出してくるとは思わなかったぞ…ネタ切れじゃないといいけど……(汗)

 作品名  神楽黎明記 ~紫の章~弐
 ジャンル  何度も遊べるHな巫女さんローグ型RPG
 ブランドメーカー  でぼの巣製作所
 通常価格  3,240円
 体験版/DL販売

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar