「鏖呪ノ嶼」の感想。【バトル系のちょっとグロい正統派伝奇】

CLOCKUPの新作「鏖呪ノ嶼(おうじゅのしま)」を早速プレイしました!ややグロいので人を選ぶものの、土臭く人間の美しさを描いた最高のストーリーで大満足です!!!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
★★★★
★★★★
抜き度シナリオ体験版
★★★
★★★★★
あり
作品名鏖呪ノ嶼
ジャンル呪術伝奇ヴィジュアルノベル
ブランドCLOCKUP
価格8,580円
FANZA体験版・DL購入はこちら
FANZAパッケージ版はこちら
DLsite
公式サイト鏖呪ノ嶼
目次

「鏖呪ノ嶼(おうじゅのしま)」のあらすじ

こんにちは!抜きゲー@もあ管理人のもあ(https://twitter.com/nukige_moa)です!

今回は「CLOCKUP」の新作鏖呪ノ嶼(おうじゅのしま)をクリアしましたので、毎度のことながらプレイした感想を独断と偏見で皆さんに共有したいと思います!

それではあらすじからいってみましょう!

養護教諭として働いていた主人公は、生死を彷徨うほどの事故から生還したことを切っ掛けに人の身体を巡る『気』を操る力を得た。
特に性欲や性感に直結する『淫の気』の扱いに長け、その力を利用して勤め先の学園で女子学生の身体を弄んでいた。
しかし、その悪事も長くは続かずにトラブルを起こしてしまい、別の学園へと追放されてしまう。

新たな勤め先である条帝学園では失敗を繰り返さないよう淫の気の使用を最低限に留めつつ細々と楽しんでいたが、
ある日、『今学期中に学園から出ていかないと過去を公表する』という脅迫状を受け取る。
その差出人が、普段から自分に厳しい態度を取る少女、「周防 美由里」ではないかと怪しんだ主人公は
彼女と対峙してその疑惑を深め、これまで抑えていた淫の気の餌食にしてしまう。
淫の気により性感を限界以上に引き上げられ、狂乱するほどの快楽絶頂を味わわせながら美由里の処女を奪ったものの、
彼女は脅迫状の差出人ではなく当てが外れる。
しかし彼女を凌虐したことで吹っ切れ、能力を全開で使用することの楽しさを思い出した主人公は、
先行きの見えない差出人探しよりも、目を付けていた女子学生に淫の気を使って楽しむことに注力することに決め、
残された時間を欲望の赴くままに過ごすべく行動を開始するのだった。

FANZA販売ページより引用

バトル要素のある少しグロい呪い系の伝奇

「鏖呪ノ嶼」はジャンルの振り分けが難しいですが、バトル要素のあるちょっとグロい呪い系の伝奇です。

分かりやすく言うと「呪術廻戦のエロゲ版」といったところでしょうか。

呪術廻戦もダーク系の雰囲気でめちゃくちゃ面白いですよね!そんな感じですw

キャラも魅力的に描かれていてテキストも引き込まれる文章ですので世界観に浸れます。

グロさも今までのクロックアップ作品と比べて抑え目なので苦手な方以外はプレイしやすいかと思います。

フラテルニテのような雰囲気を感じました

グロいのが苦手な人以外には大変オススメ

ちょっとグロいので人を選びますが、呪いやダーク系の雰囲気が好きな人にオススメです!

シナリオが面白いので単純に読み応えのある作品を探している人にもイイですね。

逆にオススメしないのはエログロを期待している人で、今までのクロックアップ作品よりもこの辺りが控えめです。

また、実用度はそこまで高くないため、抜き目的で購入するのもオススメできません。

エログロを目的として購入すると「なんか違う」ってなりますのでご注意くださいね。

「鏖呪ノ嶼」は「おうじゅのしま」と読みます。覚えられなくておうじゃのしるしと呼んでいました

ネットレビューの評価は高い

ネットレビューの評価は高い傾向にあります!

クロックアップの作品は作風の関係で評価が分かれるのが通例ではありますが、本作はその中でも高めの評価ですのでかなりの良作と言えるでしょう。

エログロを期待したコアなユーザーからはやや不満の声も上がっていますが、こちらは致し方ありませんね、、

フルプライスですので己の性癖とネットのレビューを照らし合わせて購入を吟味してくださいw

「鏖呪ノ嶼」の感想まとめ

今回は「鏖呪ノ嶼」を簡潔に評価させていただきました!

ダーク系の読み物が好きな人におすすめのエロゲーです!

何度も言いますがグロいのが苦手な方にはオススメしません^^;

少しでも参考になれば嬉しいです!

呪術廻戦の雰囲気が好きな人にはハマる思いますよ〜

作品名鏖呪ノ嶼
ジャンル呪術伝奇ヴィジュアルノベル
ブランドCLOCKUP
価格8,580円
FANZA体験版・DL購入はこちら
FANZAパッケージ版はこちら
DLsite
公式サイト鏖呪ノ嶼

関連作品もどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

えっちなお友達にシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次