Skip to content

駄作

駄作 published on

駄作

駄作
「きゃわわなタッチだなぁ、純愛もの?ちょっと手を出しt…ぎゃあああああバケモノぉおおおお!!!」

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★ 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  駄作
 ジャンル  ADV
 ブランドメーカー  CYCLET
 通常価格  ¥4,986円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
とある学園に通うヒロイン達はどこにでもいるような仲良し5人組。
主人公は、少し内気で弱腰だけれど優しい少年。
菜々ヶ木 アリスは、ちょっと天然だけど人あたりがよく皆から好かれる少女。
凛藤 華愛美は、才色兼備で明るいがさばさばした性格をした少女。
蓄井 そまりは、元気で明るく5人の中ではマスコットのような少女。
葵矢 枢は、いつも女装をしている何を考えているかわからない男の娘。(男の娘ってどこにでもいるのか!?)
しかし、彼らはどこにでもいる仲良し5人組などではなかった。
バケモノ…そう、バケモノだったのだ!!!
渇望が、執念が、後悔が、嫉妬が、そして劣等感が、バケモノ達を血の赤に染め上げる!!

●狂気の世界へようこそ
よくこんな作品をつくったなと思います、ええ。
そして以前から言っている「ギャップ抜き」を見事に仕立てあげています、ええ。
軽い気持ちでプレイすることは避けましょう。
「絵タッチ…可愛いなぁ」という安易な気持ちで近寄らないように。
ハード系上級者の方々におすすめするハード趣向特化型の抜きゲーです。

●うんうん
狂った世界ではもはや「う○こ」を使用した行為は「当たり前」なのでしょう。
なにもいいますまい…ただ「そこにう○こがある」とだけ言っておきましょう。
こちらの趣向がおありならばピクンと反応を…どうぞ。

駄作1
駄作2
駄作3
駄作4
駄作5
駄作6
駄作7

●出血
どうやら本作は出血傾向にあるようです。
2次元ですからまぁある程度の耐性はあるんで大丈夫なんですけど
感受性の強く尚且つ「血」がお嫌いな方は回避推奨とさせていただきます。
そんでもって「ただ出血」するわけではございませぬ。
故意の出血です…意味、わかりますか?
膜破るとかそんな安易なものではない…ということだけ念頭に置いておきましょう。

●ハードプレイ
ハード系特化型といっても良いのかなーっと感じます。
ただ狂気の中に「愛」がある…と言われると言い返せないので
愛もそこにはある…といっておきます。そして…主人公を…

●逆にやられちゃう
ヒロインがやられる…もちろんハード趣向としては王道的ルートでしょう。
しかし、主人公がやられる…それもまたハード趣向としてはあって良いと思うのです。
なにもヒロインだけがハードにやられるわけではございません。気を確かに。

駄作8
駄作9
駄作10
駄作11
駄作12
駄作13
駄作14
駄作15

●絵タッチ
狂った世界に似つかわしくないタッチ。
悪いとはいっていない、むしろ良い。
このくらいのギャップのある世界感が必要。

●実用性
正直にいえば特化型なので良いといえる。
が、すべてのシチュを受け入れることのできる人は
ほんとうに限られているんじゃなかろうか…
そう考えて一歩踏みとどまった感じ。

●まとめてみようか
狂った世界のお話。
狂っているならば狂いとおせ…という潔さは良し。
グロ系が苦手な人は回避推奨(何度でもいう)
シナリオ自体はそこまで難しくないと思う。
ひとつの作品にまとめるのではなく「前篇」「後篇」という形をとっても
ユーザーは納得してくれたであろう。
そういう意味では続編に期待したい作品でもある。

駄作16
駄作17
駄作18
駄作19
駄作20
駄作21


体験版ありなので雰囲気確認されたい方はどぞ。
共感を得たいエロゲではなく、「なんやこいつら…こんな奴らのきもち分かるかい!」と
やはり狂気をテーマにしてどこか別の世界のお話だと思ってもらえれば良いかな。
駄作というタイトルにはいろんな思惑がありそうですねw

 作品名  駄作
 ジャンル  ADV
 ブランドメーカー  CYCLET
 通常価格  ¥4,986円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


Primary Sidebar

Secondary Sidebar