Skip to content

催眠演舞

催眠演舞 published on

催眠演舞

催眠演舞
催眠遊戯に続く催眠もの。魔法の催眠ではなく現実味のある催眠術で相手を堕とすシリーズ。…が!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 - 

 作品名  催眠演舞
 ジャンル  催眠誘導ADV
 ブランドメーカー  スタッフィング
 通常価格  ¥6,995円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

●催眠遊戯の
続編とまではいわないですが最初に催眠遊戯をプレイしておくことで
ちょっと楽しめる部分はあるかなーっといったところ。
ってかこちらから最初にプレイする理由がないので催眠遊戯をまずプレイしてから
こちらをどうぞー。
●主人公ぇ
催眠術っていうのはキモメン、もしくはモテない男と掛け合わせることで威力を発揮するものだと思うんですが。
今作の主人公はイケメンなわけでございます。そんでもって「モテモテ」なわけですよ。
正直いって催眠術がもっとも必要ない人種なわけです。
そんでもまぁ、お家柄いろいろあるようでそこらへんは納得してプレイしなくてはいけません。
ただ催眠っていうのは「魔法」ではないということを分からせてもらえたシリーズでもあるので
その点はこれからの作品に期待していきたいとこですね。
●ルートによって
0からスタートだと思ってください。
「こちらのルートでは主人公はこう考えて、こう想っていた。」
「が、こちらのルートではそんな考えなぞ無粋!!」
っといったように変なこというと主人公のキャラクター性がグッチャなわけです。
催眠演舞1
催眠演舞2
催眠演舞3
●絵タッチ
個人的には好きな部類に入りますが、ちょっと違和感を感じる部分も。
そこらへんは好みもあると思うのでなんとも言えません。
全体的には丁寧な仕上がりといって良いでしょうー。
●前作のイメージでいくと
ちょっとやけどしそうな展開ですね。
これは良い意味で考えれば「挑戦的」「意欲的」な表れなので良いと思います。
毎度毎度同じ展開であるのも良いですが、
やはり「催眠」の常識を変えたブランドであるから
どんどん色んなことに挑戦してほしいと思う気持ちがあります。
●基本は和姦
まぁシチュ的には催眠を使用しているわけですが基本ヒロインとは和姦となっています。
一部ヒロインではハードな内容でいくわけなんで一概に「ラブイチャ」とはいえませんね。
催眠演舞4
催眠演舞5
催眠演舞6


前作と比較すべきではないなっというのが結論です。
シリーズとして見ることもできるんですが、
敢えて違った催眠ものだと思ってプレイしてください。
催眠遊戯がジャストミートな作品だったとしたら
今作はまた違う印象を受けます。
体験版あり~の☆

 作品名  催眠演舞
 ジャンル  催眠誘導ADV
 ブランドメーカー  スタッフィング
 通常価格  ¥6,995円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


Primary Sidebar

Secondary Sidebar