Skip to content

魔導書(グリモワール)の司書

魔導書(グリモワール)の司書 published on

魔導書の司書

魔導書(グリモワール)の司書
シナリオ・エロともに及第点の内容。安定感のある構成で万人受けする作品。

 画力 
 鬼畜度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  魔導書(グリモワール)の司書
 ジャンル  トラベルADV
 ブランドメーカー  アストロノーツ
 通常価格  ¥6,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


※youtubeの埋め込み動画です。非エロです。
あらすじ
―その世界には、ある魔法が発達している大陸があった。
その大陸にある魔法図書館、地下30階には、ある一冊の本が厳重に保管されていた。その魔導書の名前は『グリモワール』。大昔の大戦で猛威をふるった魔人が封印されている、強力な書であった。……と、とてもすごい魔人のはずなのだが、その実態は単なるエロ魔人で、威厳のカケラもなかったりする。そんなグリモワールが所蔵されている図書館の司書が、主人公『ミハイ』。本を読むことが好きな彼は、司書という仕事を通じてグリモワールと知り合い、いつの間にか彼と仲良くなってしまっていた。エロいことばかりの魔人だが、魔法に関する知識は本物で、その点においてはミハイも部分的にだが彼のことを尊敬していたのだが……そんなある日、事件が起きる。なんと、『グリモワール』の中身のページが何者かに盗まれてしまったのである。膨大な魔術知識の詰まったグリモワールの「断片」。それがどこか他の大陸に流出しては、大変なことに……それこそ、世界を巻き込む世界大戦も起こりかねない。事態を憂慮した賢者「メイナード」はそこで、グリモワールと親しいミハイに魔導書の断片を回収してくるよう命令。そんなわけでミハイは、そもそも盗まれたのは自分の体の一部であるため、その行方を感知できるグリモワール本人と、‘魅女’という国がグリモワールの力を借りたい時に見返りとして差し出される女の子「ユーリス」……なんだかんだ理由をつけて同行してきた幼馴染の魔法使い「クレハ」……ミハイからグリモワールを引き離そうとして同行してきたシスター「テレサ」たちと共に失われたページを求めて旅をすることになるのであった。
●5人のヒロインとファンタジーの世界へ!
シチュはよくある感じで魔力の暴走を抑えるためのエス・イー・エックス!です。
王道的なシナリオ故に安心感がありますねwブランドもアストロノーツってことでさらに期待度が高くなります。
ファンタジーものとしてストーリーもよく仕上がっています。
「エロに重点を置いたシナリオゲー」としてみれば高評価ですね!
魔導書(グリモワール)の司書1
魔導書(グリモワール)の司書2
魔導書(グリモワール)の司書3
魔導書(グリモワール)の司書4
魔導書(グリモワール)の司書5
●和姦+凌辱
基本を和姦とし、BADENDでは凌辱を楽しむ。っといったところ。
最初から最後まで和姦でもいいんですけどBADならBADらしいエロシチュは嫌いではない、むしろ好物である。
●絵タッチ
クセのある絵ともいえるけど個人的には美麗に感じた。
構図なんかはさすがといったところ。
●上級抜きゲーマーには
ちと物足りなさを感じるかも知れませんが、実用性はあります。
初心者から中堅の方々には絶賛される出来ではないでしょうか。
ただ末長く愛用するかといえばそうでもなく、末長く愛用したいならば特化型の抜きゲーをおすすめします。
魔導書(グリモワール)の司書6
魔導書(グリモワール)の司書7
魔導書(グリモワール)の司書8
魔導書(グリモワール)の司書9
魔導書(グリモワール)の司書10


シナリオ・エロともに及第点の内容。
駄作ではないので興味が出たらプレイしてOK。
抜き目的としても通用する。
BADエンドのハード演出は結構しっかりとハードしているため
「おれハードな演出ホントムリっす」って方は注意が必要。

 作品名  魔導書(グリモワール)の司書
 ジャンル  トラベルADV
 ブランドメーカー  アストロノーツ
 通常価格  ¥6,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar