Skip to content

貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張

貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張 published on

貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張

貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張
年下上司に自分の奥さんを寝取らせてみたらとんでもない結果に…。NTRエロゲ好きならご存知の「貸し出し妻」シリーズです。

 作品名  貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張
 ジャンル  アドベンチャー
 ブランドメーカー  アトリエさくら
 通常価格  ¥2,808円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
主人公『高坂 靖友(こうさか やすとも)』はある日、
ネットで自分の妻を他人に抱かせるという体験談を見て興味を持つ。

自分としか経験が無い妻の真由美は他の男とどんなセックスをするのだろう。
妄想はエスカレートしていき、ついにはその願望を打ち明けてしまう。
そんな夫の願いを真由美は拒否するが、ついには熱意に負け、条件をつけて了承してしまう。
『自分が信頼している男なら』……という条件で。

そうして妻が【貸し出し先】に選んだのは、
夫以外で唯一信頼している1つ年下のバツイチ上司、新開悟。
悟とは出張で出かける事がよくあるので、その時に貸し出しが行なわれることになった。

禁断の『不倫出張セックス』。
二人の間でどんなセックスが行なわれたのか。それは妻が帰ってくるまでわからない。スが行なわれたのか。それは妻が帰ってくるまでわからない。

●ねとらせ
NTRは色々あります。
毎度このお話からするのもなんだかと思いますが、
これって結構重要なんですよね。
今回は寝取らせっていう「自分の妻を他人に抱いてもらう」ことで
性的興奮を覚える主人公のお話です。
歪んだ性癖に思われがちかもしれませんが、
愛する妻が魅せる他人棒による違った顔はエロティズムを感じさせるってのには
管理人も納得するわけです。
もちろんそこまでの持って生き方、魅せかたが重要なんですけどね、
この手のゲームは!



●シナリオ良し
おんぼろ月さんがシナリオ担当。
当たり外れがあるってネット界隈では言われていますが、
本作は「当たり」です。
NTRな展開の持っていきかたが上手ですね。
プレイヤーを引き付けるテキスト力が
今回は発揮されていると感じます。
特にシチュなんかもNTR(ネトラレイヤー)さんから見ても
「そうそう、こういうシチュだよ待っていたのは」っという
展開でお送りされているので、評価も高いです。

●分岐は2種
どっちへ行っても「アレ」ですが、展開としては
僕は海外出張を押しますね。
定番といえば定番なんですけど、やっぱ定番なだけあって
ビクンとくるものがあります。
内容は…はい、ご自身の目で確かめてくださいねw

もう1つは送別会。
こちらも悪くはないです。
タバコの匂いを纏って朝帰り…
これだけで夫であればもう心臓がキューっとなっちゃう案件です。

メインとなるのはそれまでの「貸出」部分です。
それが果たして「嘘」なのか「本当」なのか。
そして「浮気」ではなく「貸出」という点から見る
「妻の心理」…いろいろな情報が脳内を駆け巡り、
とりあえず「一発抜いてから考えよう」という気持ちに…
心が締め付けられているのになぜ息子はこんなに元気なのだろう…
これが鬱勃起という奴か。




●絵タッチ
絵タッチも万人受けするものでエロティックに仕上がっていると思います。
特に不満点を感じるようなタッチではないし、サンプルイメージ見て
「悪くはないな」と思えれば良しです。

重要なのは「NTR」が好きかどうかですからw

●まとめ
貸し出し妻シリーズ全体でみれば良作(上位)の部類に入る作品。
低価格で手に取りやすいし、プレイヤーの求めている「寝取らせ」ってのを
よく理解でき作られている印象。

正直、万人受けする内容ではないけど、
NTRが苦手でない&新たな扉を開けてみたい
のであればプレイするのも有り。
従来の「ネトラレイヤー」さんは是非プレイする必要がある。

特殊な性癖ではあるけれど、
男性の奥底に眠る心理に訴えかける内容は
鬱勃起させるのに苦労させない仕上がりになっています。




NTR好きはもちろん。
ちょっと「寝取らせ」に興味が出た人も。
もちろん心臓を抉る想いをする可能性もあるので
「自分はNTR苦手だ」って人は回避を。
低価格で良質なNTR抜きゲーです。

 作品名  貸し出し妻、真由美の‘ネトラセ‘報告 敏感妻と不倫出張
 ジャンル  アドベンチャー
 ブランドメーカー  アトリエさくら
 通常価格  ¥2,808円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar