Skip to content

妹を汚した記憶

妹を汚した記憶 published on

妹を汚した記憶

妹を汚した記憶
妹系抜きゲー。きゃわわなヒロインと距離を離していた主人公が故郷に舞い戻ってきた。そこにいたのは成長したヒロイン。いけない感情と罪悪感の思い出が呼び覚まされるエロゲー作品。

 作品名  妹を汚した記憶
 ジャンル  AVG
 ブランドメーカー  はむはむソフト
 通常価格  ¥5,400円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
だんだんと女の子らしくなっていく、年の離れた妹。
彼女にいつしか欲情を抱くようになった主人公・楠木亮(くすのきりょう)は、
かくれんぼ遊びの最中、理性が効かなくなり、一緒に倉の中に隠れた妹の肌に射精してしまう。
彼女に対する罪悪感から、逃げるように田舎を離れ、都会で一人暮らしを始めた亮。
数年後のある日、行為の現場となった実家の倉が解体されることになり、中の掃除を両親より請われ、久しぶりに故郷の土を踏む。
早生のコスモスが咲き乱れる、懐かしい光景の中心にあったのは可愛らしく成長した妹・秋桜香(あさか)の姿だった。
妹の他、幼なじみの少女・暁(あき)と一緒に、あの時から止まっていた、情愛と欲望の時計の針が今、動き出す。
妹─そして、コスモスの芳香とともに。

「過去のあやまちに、おかえりなさい─。」

●ハード系(ラブ系)抜きゲー
一度は怖くて逃げた「過ち」にもう一度ダイブしちゃう主人公による妹系ヒロインのハード系抜きゲーです。
っていうのも基本主人公がクズなわけで、ハード感が漂ってくるわけです。
選択によっては「ラブ系ルート」もあるわけで、まぁどっちとはいえないですけど、
バッドエンドの印象が強いのでハード系といっておきますw
昨今では珍しくなってきた「この趣向のハード系エロゲー」ですが、一定数の需要があると思いますし、
ガス抜きとしては個人的に必要であると思うところでもあります。

もちろん、現実と非現実の区別がつく良識ある大人であることは大前提ですが、
そういった識別能力のない頭脳は子供、見た目はおっさんな人が世間を騒がす騒動を起こすわけで…。
嗜むには嗜むなりのポリシーをもっていたいものですな。

●サンプルイメージはあまり載せません
サンプルイメージですが、概要先で見てもらうようになると思います。
ここでは「問題ない」サンプルイメージのみ掲載させていただきますね。
エロス的イメージは「概要・購入」ページからご覧ください。
多分、大丈夫でしょうけど、念には念をってことで敢えて載せませんw


●ゲス主人公
ゲスいですね。特にバッドルートは非人道的対応に胸糞悪くなるかもしれません。
この手の趣向を持った人はどちらかといえば「愛でる」ことを好むとは思いますが、
バッドルートの肉便器化は「お、おう」となるかもしれません。

●インモラルなエロゲーだと受けとめて
明るくいちゃラブを好む方は上記の理由やもともとのストーリー設定上望めないものだと受け止めていただき
プレイしない、もしくは広い心を持ってプレイすることが望ましいですね。
ラブルートも完備されているので一概に「これはハードで胸糞悪いエロゲ」と言い切っちゃうのもいけない気もします。
ただ衝撃度的にはどうしてもバッドのほうが強いので、、、絵タッチのギャップとかもあるんだろうなー。

●まとめ
この手の趣向エロゲとしてはある意味で印象に残る一本ともいえますね。
主人公のゲス思考が一般常識を卓越しており、行動理解に苦しむかもしれませんが
「まぁ2次元ですし」といってしまえば納得かな…wそう考えると「THE抜きゲー仕様」な
ストーリー構成ではなく結構しっかりと考えて作られたんだなっと思います。
トラウマとどう向き合うかで物語の方向性がガラリと変わっていくっていうのは面白いですね。


サンプルイメージ等、エロス面については概要ページからどうぞ。
体験版はないんですけど、デモは見ることできます。
ボリューム的には値段相応といったところ。
趣向特化型エロゲーとしては印象に残った一本です。

 作品名  妹を汚した記憶
 ジャンル  AVG
 ブランドメーカー  はむはむソフト
 通常価格  ¥5,400円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから



Primary Sidebar

Secondary Sidebar