Skip to content

眠れぬ羊と孤独な狼

眠れぬ羊と孤独な狼 published on

眠れぬ羊と孤独な狼

眠れぬ羊と孤独な狼
一世を風靡したMaggot baitsの昏式龍也が描く最悪のラブストーリー。エロゲーで抜きながら感銘を受けたい方はプレイしましょう。

 作品名  眠れぬ羊と孤独な狼
 ジャンル  ロマンノワールADV
 ブランドメーカー  クロックアップ
 通常価格  ¥8,424円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
俺は、今夜も眠れない――

新宿、歌舞伎町。
慢性的な不眠症に苦しむ【俺】は、
ラブホテルの住み込み清掃員として働きながら、無気力な日々を送っていた。
【俺】にとって安眠を得る唯一の方法は、人を殺すこと。
そのために『暴力団の高級幹部・東儀衛子飼いの殺し屋』という裏の顔を持ち、
おこぼれのように時折与えられる殺しの仕事で、なんとか眠りにありついてきた。
危うい綱渡りの日々ではあるが、それでも安定した、平穏な毎日。

そんなある日、【俺】 はデリヘル嬢・あざみと出会う。
彼女を抱くことでかつてない安眠を得た【俺】 はあざみを手元に置こうと考える。
だが彼女は東儀に追われており、あざみを手に入れることはすなわち、
東儀に刃向うこと――平穏な日常の崩壊を意味していた。


※youtubeの埋め込み動画です。オープニングムービーとなっております。

●愛と殺人の物語
新宿、歌舞伎町。昔のキナ臭さはなりを潜め、“健全な歓楽街” と化したその街に今もしがみつき、くすぶる影たち。
ヤクザ、悪徳警官、再起を夢見る元上海マフィア、そして謎の殺人鬼――欲望のままに生きるハイエナたちの世界で男と女が出会った時、物語が始まる。
平穏を求める殺し屋の男と、拠り所を求める少女。二人がたどり着く結末は?

●ハードボイルド
Maggot baitsもそうだったんですが、かっこいいんですよね。
エロゲープレイしているのに男、かっけぇー!となるのは珍しいケースだったりします。
「殺人」というテーマからわかる通り「バンバン人が死んでいきます」。
「え?あんたも逝っちゃうの?」って人もね。誰が?とは言いませんがw

18禁ってワード。エロだけを想像しがちですが、
こういった18禁も確かに18禁だなっと改めて思いました。




●怒涛の展開
プレイした人からは「短い」という言葉がちらほら聞こえてきますが、
確かに「長くはない」といってよいでしょう。
でもね、僕が思うに、本作「眠れぬ羊と孤独な狼」はこの長さでよかったと思うんですよ。
っていうのも「短い」という言葉から連想されるのって「物足りなさ」ですよね。
その物足りなさが眠れぬ羊と孤独な狼にはないんです。
言葉をよくすれば「テンポが良い」といったところでしょうか。
しっかりと描き切った印象も受けます。展開の速さも作風ならではなんじゃないかな。
ハードボイルド謳っておいてダラダラとした展開ってなんか違う気がしません?
ってことで僕個人としてはこのボリュームが正しいボリュームだと思います。

●抜き度はどうなんよ
結論からいえば「使える」に入るんですが、
エロに主点を置いてないという面でいえばTHE抜きゲーのような
即堕ち即抜きには適してないかなーっと思います。
これは人の好みもあるんでしょうが、メインはやはりストーリーであって
そこから繰り広げられるエロスを楽しむ感じ。
ハードな描写もありますし、多人数での責めなども。
でも初々しさを感じさせるエロもありと、幅広くエロ目線では取り入れてるのかなっと思います。
小難しい話はいらねぇ!俺は今すぐ抜きたいんだって方にはおすすめいたしません。





●グロ耐性
さて、ひとつ注意しないといけないのはグロテスクな描写ですね。
クロックアップさんはそのジャンルにおいてはかなり知れた名だと思いますが、
はじめてクロックアップ作品に手を出すって方はご注意を。
特にグロテスクな耐性が皆無な方は心臓に悪いかもしれませんねぇ。

僕自身も「これは無理だ」って思った部分は流し読みもしくはスキップをしていますね。
欠損系がどうも苦手でね。そこからエロを感じることができないので回避です。
ただすべてがそういった目を瞑りたくなるものでもないのでご安心くださいませw

●絵タッチ
作風とタッチは非常にマッチしていると感じますね。
女性はもちろんなんですけど、男性キャラクターもモブではなく
しっかりと描き切っていると思います。
絵タッチについては多くの人が良いと感じるのではないでしょうか。




●まとめ
実用性特化型のエロゲーではないのですが、
ストーリーを楽しみながら、エロを楽しむスタンスがとれると思います。
ハードボイルドな世界観が好きな人は大好きな作風でもありますね。
シナリオ重視系のエロゲーを好む人にもおすすめできると思います。
ただし、グロ耐性ない人にとってはキツイ描写もあるので
そのあたりだけはご了承の上で…といったところでしょう。
クロックアップは抜きに特化した作品以外にもこうやって
物語を楽しむゲーム作りを得意としていますから、普段はあまり
この手のゲームをしない方にも「面白い」と感じてもらえるんじゃないでしょうか。
ボリュームは前述したとおり、ボリューミーとはいいませんが、
お話自体の完成度は高いので、このボリュームでむしろ良いのでは?と思いますね。



プレイし終わって、何も感じないような、
こってこての抜きゲーも大好きですが、こういった余韻に浸る作風も悪くはないですね。
クロックアップさんらしい作品といってもよいでしょう。

 作品名  眠れぬ羊と孤独な狼
 ジャンル  ロマンノワールADV
 ブランドメーカー  クロックアップ
 通常価格  ¥8,424円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

関連作品もどうぞ


Primary Sidebar

Secondary Sidebar