Skip to content

催眠学園2年生

催眠学園2年生 published on

催眠学園2年生

催眠学園2年生
催眠系エロゲーを語るならはずせない筆柿そふとさんから待望の催眠学園シリーズ登場!常識を覆す催眠で怒涛の抜きラッシュをお楽しみください!

 作品名  催眠学園2年生
 ジャンル  学園もの王道催眠AVG
 ブランドメーカー  筆柿そふと
 通常価格  ¥6,480円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
主人公はさえない風貌で、人付き合いも苦手な三流大学の学生。
その趣味も変質的ですが、本人はそれを恥じることもありません。
ストーカーまがいのことをしたり、こっそり夜中にゴミを漁ることも。
当然のように周囲の人間からは忌避されています。

あるとき、ゴミの中からオモチャの銃のようなものを拾います。
ひょんなことから、それが催眠導入をする機械だと判明します。

彼はそれを存分に活用して、普通ならなることも出来ないはずの
お嬢様女子校の教育実習生になってしまいます。

そして、そこで生徒会長、体育会長、女教師、養護教員を
モノにした主人公は、彼女たちを用いて、さらに多くの
女子学生たちを手に入れようと企みます。

●筆柿そふとの18番ジャンル
筆柿そふとといえば「催眠」。
催眠ジャンルを極めているブランドの1つですよね。
前作は催眠学園3年生ということで、今回は一個下…と。
ってことは「前作となんらかの繋がりがある」と捉えても良いでしょう。
催眠系抜きゲーが好きな人向けの特化型抜きゲーですので、
趣向マッチしている方は是非チェックしてみてください。

●常識を変換するって素晴らしいよね
催眠による「非日常が日常に」「非常識が常識」に書き換えられます。
この手の常識変換催眠はファンタジックでありつつも理にかなった
(常識を変換させられたら仕方ないよね)という納得もさせてくれますよねw
本作ではこういった常識変換系催眠が多々シチュで登場します。
心は乗っ取らず身体だけ催眠!なんてのももちろんありますよ!




●前作ヒロインも登場するけど
前作ヒロインも本作では登場します。
ただメインとしては出てこないので、本作からプレイしても問題はないでしょう。
出来ることならば前作からプレイするのが望ましいですが、
抜きゲーですし、話の内容は2の次。
抜ければそれが正義なのですw

●複数プレイで怒涛のラッシュ
複数でのプレイが目立ちますね。
ハーレム的要素を取り入れています。
ヒロイン数が増えたことにより起きた現象といっても良いでしょう。
この「複数人を相手にする」ってシチュは好き嫌いあるかもしれませんが、
催眠で種付けされるヒロイン勢を見るのは圧巻ですw




●水着っていいよね
学校の水着を着てのシチュっていいですよね。
水着フェチ的な人にも注目してもらいたい!なんて思っちゃう所です。
今のスクミズってどうなってるんだろうねー。
おじさんたちの時代は「性を感じさせない性」だった気もしますが、
今思うとあれは性だったのかもしれません(遠い目)。

●絵タッチ
前作同様素晴らしいタッチで描かれていると感じています。
好き嫌いはあると思いますが、嫌いな人は少ないでしょう。
サンプルイメージ見てもらい気にいってもらえれば
絵タッチについては問題なく楽しんでもらえると思います。




●まとめ
大体シリーズ化した2作目って前作と比較されてあまりよくないっていうのが
エロゲ界の掟、むしろ美徳な気もいますがw本作は前作同様に特化型抜きゲーとして
楽しんでもらえる内容になっていると感じます。
催眠ってシチュが破たんしていても「催眠だから」で済むところがいいんですよね。
作り手と受け手のウィンウィンな関係を催眠系抜きゲーは作ってくれていると思うんです。
前作プレイしていない人もどうぞ!ですが、可能であれば前作もプレイしたほうがよいでしょう。
抜きゲーなのでおかずには困らない日々を過ごせることでしょう。



 作品名  催眠学園2年生
 ジャンル  学園もの王道催眠AVG
 ブランドメーカー  筆柿そふと
 通常価格  ¥6,480円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar