Skip to content

それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-

それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合- published on

それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-

それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-
数多くの間男による「勝気な女教師ヒロイン」のNTR模様を楽しむ抜きゲー。2ですが本作のみで楽しめます。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-
 ジャンル  ADV
 ブランドメーカー  ルネ Team Bitters
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
ヒロインは面倒見がよくて勝気な性格の女教師。
そんなヒロインのことが好きで卒業と同時に勇気を出して告白する主人公。
そんな主人公の熱意に負けて、なんとヒロインさんはOKを出すのであった。

こうして幸せな生活を続ける主人公とヒロイン。
そんな主人公も就職活動の時期に。
そしてヒロインは教師故に単身赴任してしまう。

遠く離れて生活するようになって忙しい毎日が続いていく。
それでも寂しくないよう互いに連絡を取り合うことを心がけた。
「今日はこんなことがあった」「週末はデートに行こう」
なんでもない会話だけでも2人は繋がっていると安心することができていた。

そんな遠距離の中でちらつく「異性」の影。
いくら信用しあった仲とはいえ、顔を合わせて気持ちを聞くことも出来なくなると不安が押し寄せてきてしまうようになる。

他の男に最愛の妻が汚されたとき、それでもあなたは妻を愛せますか?

●それでも妻を愛してる
2ということで、はい。1があります。
2がでたということは、はい。1は評価されているってことです。
このことから2には大いなる期待が込められるのはいうまでもありません。
そういったジレンマも含めた評価になってしまうのは否めないのかなって思いました。

それでも妻を…ってことで
「あなたは妻の不倫現場を知った後でも妻を愛することができますか?」
っていうテーマのもと、奥さんがズッコンバッコンやりまくりな
抜きゲーとなっています。

ここで重要なのは。
1作目をプレイしていなくても問題なし
ってことです。
本作のみで完結しますので、ご安心を。




●見所ポイント
1.巨乳で面倒見がいい勝ち気な姉御肌の”女教師”が貴方の妻に!

2.妻は転任で遠距離夫婦生活に……運命のいたずらによるすれちがいを演出!

3.現教え子・キモいオヤジ・イケメン同僚・渋い学園長・DQNなど……人妻女教師に近づく男たち!

4.ジェントル佐々木氏による肉感的で背徳的な構図のエロCG!

5.様々な寝取られシチュエーションを用意!

6.屈辱的なHシーンを盛り上げるキャスト&伝統のエロエロシステム!




●人物紹介


天海 茉莉花
勝ち気な性格の体育教員。教え子だった優登の『頑張る姿勢』『曲げない熱意』にほだされて付き合い始める。
しかし、いつしか茉莉花のほうが優登にぞっこんになってしまい、結婚後は優登のことを優先して物事を考えるようになってしまう。
情に厚いが、頑固な一面もたびたび見せる。
そういう性格もあってか男性経験が優登以外皆無。その所為で男性への免疫がないに等しいところを優登から心配される。
今は優登との思い出の学校ではなく『開徳学園』に単身赴任をして勤めている。


天川 優貴
茉莉花が担任を務めるクラスの生徒。
旦那である優登に容姿がかなり似ているため、茉莉花は兄弟じゃないかと思ってしまうことがあった。
性格も優登のように奥手で、そんなところを愛している旦那と重ねてしまい、つい気にかけてしまう男子生徒の1人。
しかし、優登と違い思春期を拗らせて欲望に忠実な面が強い。


高部 虎夫
茉莉花が単身赴任として住んでいるマンションの管理人。
雇われ管理人のはずだが、マンションの住民だけでなく近隣の人からも嫌われている中年のおっさん。
女性と話す際は常に胸や腰のラインに視線を向けてくるので、『悪影響だ』と絶対に優登に会わせないよう茉莉花は心に誓っている。


古賀 智紀
茉莉花と同じ学園で教員をしている男性。
爽やかで誰が評しても『イケメン』といいたくなる容姿と性格の持ち主。
男子からの人気も高く、その親御さんたちからも持て囃されることもしばしば。
しかし、それを得意げに自慢する事は一切ない。
そんな好印象しかない古賀に茉莉花も惹きつけられるものがあるのだった。どこか『こなれている』と感じながらも。


山科 三郎
茉莉花が異動して勤めることになった学園の理事長。
気前がよく好々爺としか見られないおじさんだが、しょっちゅう茉莉花にセクハラをする変態理事長。
しかし、昔の茉莉花が憧れを抱くほど教育者としては一線を画した人物。
掲げた教育理念の下で育った人は口をそろえて「あの人はすごい」と称賛する。


桜井 清治
優登と同学年で素行の悪い大学生。
風紀的によろしくない噂が絶えないサークルのリーダーをしており、いつも遊び歩いていて単位が危ないのでは?と周囲から思われている。
実は親のコネもあってか将来は医学関係に進むことが約束されているので、本人はまったく気にしていない。
そんな桜井だがいつも周りには人がいるので、そのコミュ力や賑やかさを優登は密かに羨ましいと思っている。


上杉 瑠美
優登と同じ学部の女子大学生。
清楚で気品溢れる容姿ながら、明るく誰隔てなく接するので大学中の人気者。
そんな、天使のような瑠美に『同じゼミナールを受けている』ということでいつも声をかけられる優登。
そんな関係を周りからしょっちゅう疎まれたり、羨ましがられる優登だったが、『結婚しているから少しだけ迷惑』と思う反面、
これまでまともに女性と交友を持てなかったから『迷惑だけどすごく嬉しい』と感じてしまっているのだった。


天海 優登
本作の主人公。普通よりも奥手で内気な性格をした青年。
両親の不仲が祟って『頑張る』ということができない人間になっていたが、そんな優登を変えてくれたのが恩師である茉莉花。
一度目の告白はあえなく振られてしまうが諦めきれない優登は自身における最高の頑張りを見せて再度告白。みごと茉莉花を射止めることに成功する。
遠くに住んでしまうことになった妻のことを心配に思う日々を過ごすのだった。




●ヒロインを愛せるか
根本な部分ですね。
NTR抜きゲーでとても重要な部分です。
ヒロインを魅力的に思い、ヒロインを愛することができるか。
そして、そんな愛したヒロインが毒牙にかかる…
胸がしめつけられる…そんな想いをしたい人が
NTRジャンルを選ぶんだと思うんです。

結論からいってしまえば
NTR度としては物足りなさを感じます。
ヒロインと主人公への感情移入の部分。
NTRされてしまう運命。
そういったものを感じるが前に
「奥さん、あんたそれ浮気やろ」
っという。
遠距離な二人の間を引き裂く魔の手。
ありますよ、それは。

主人公が妻を愛している。
のだとしたら
妻は主人公に貞操を立てて、守り抜く(意地でも)
そんなスタイルをとってほしいわけです。
ヒロイン側になんだかイラツキを覚えてしまうのは
もう少しどうにかなったんじゃないかな?っていう
リアリティを求めるところからきているのでしょう。




●シナリオ&実用性
シナリオ的には可もなく不可もなくといったところでしょうか。
抜きゲー的NTR模様ですね。
その分、抜きゲー部分に力を入れてほしいところなんですけど
シチュ的には特に奇抜さを感じないため、よくあるエロシーンとなっています。
構図なんかは結構好みなものがあったりと良いんですけどね。
NTRを求める人にとってはシチュ的には満足いくのなー?
生粋のネトラレイヤーさんにご意見聞いてみたいところですな。

●リアリティを求めなければ
ここに尽きるのかなっと思います。
こういうことも2次元の世界(特にエロゲ-界ではあるよね)的に
寛大な気持ちを持てる人であるならば
ヒロインの行動や堕ちなんかも特に問題なく
「おお、NTRNTR」ということができるのかなっと。
ボリューム自体も相応にあると思いますし、
ヒロイン像を好きになれるかどうかが
結構鍵だったりしますね。
盛り上がりに欠けるってのもあるかもしれないなー。
間男さんは数多く出演しており、
それぞれのNTRを楽しめるってのも良いところではありますね。
あと寝取られ回避もできるってのも良いです。
それについては
「NTRゲー買ってるのにNTRを回避する」という矛盾が生じてきますがw




●絵タッチ
好き嫌いはあるかもしれませんが、個人的には良いと思います。
構図なんかもエロスを感じることができますし、
好きな人は好きなんじゃないかなーっと。
サブヒロインもいますが、やはりメインヒロインを
好きになれるかどうかがカギですね。
メインでのエロはやはり妻ですから。

●まとめ
前述しましたが、1があるとそれと比較してしまうのは否めません。
1と比較すれば、やはり1の方が良かったかなーっと思っちゃうのは
これエロゲ-の悲しい性かもしれませんね。
エロボリュームについては相応のものがありますし
その点は問題ないかと思います。
シナリオ自体も可もなく不可もなくといったところですが
盛り上がりをもう少し付けることができれば良かったかな。

生粋のネトラレイヤーさんにとっては
物足りなさが残るかもしれませんが、
絵タッチやNTRシチュが比較的好き。
ヒロイン像に好意を抱けるって方は良いかもしれませんね。





体験版あるので雰囲気確認どうぞ。

勝気な女教師って部分に「イイネ」と思えるならば
そんな勝気教師ヒロインが堕ちる姿にエロティズムを感じることができるでしょう。
抜きゲーとしては及第点はいってるかなーっと…個人的に思います。

 作品名  それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-
 ジャンル  ADV
 ブランドメーカー  ルネ Team Bitters
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar