Skip to content

神様のゲーム-監禁された6人の男女-

神様のゲーム-監禁された6人の男女- published on

神様のゲーム-監禁された6人の男女-

神様のゲーム-監禁された6人の男女-
絵タッチが古臭いなーっていう理由から敬遠していたエロゲ-ですが、
ネット界では高評価が多く少しずつ気になっていった作品です。
今回は満を持して「神様のゲーム」を紹介してみようと思います。
命がけの残酷ハーレムノベル。待ち受けるものとは一体…!?

 作品名  神様のゲーム-監禁された6人の男女-
 ジャンル  命がけの残酷ハーレムノベル
 ブランドメーカー  ザウス
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

全ては神の暇つぶしから始まった
だーれがしぬのかーいきるのかー♪
きたないにーんげんがいきのこるー♪
さあさあ♪ みんなでだましあいー♪
かーみさーまーの、げーむがはっじまーるよー♪

はろーはろー、えぶりばでぃー。
はじめまして神様です。

声の主は自らを神と名乗った。

拒否することは許されない。

一方的にゲームへの参加を要求する神。
当然のごとく拒否する6人。

おっけー

その一言を皮切りに、とてつもない恐怖が降りかかる。

「ぎゃあああああああああああああァァァァッッッ!」

拒否した者の腕が切断される。
生意気な口をきいた者の腹には大きな穴が開く。
恐慌する6人。

よっし、それまでー

神がそう告げた瞬間、傷は一瞬にして回復する。

神様の力がわかったかなー?

6人は悟る。
拒否すれば殺されると。

神様のゲーム――それは、残酷なハーレムを強いるデスゲーム。

ゲームへの参加を余儀なくされた6人にルールが開示される。
その内容は、信じられないような異様な物だった――


※youtubeの埋め込み動画です。非エロです。

●絵タッチが
なんとなく敬遠していた理由が「絵タッチ」。
ぶっちゃけていうと「古臭い」タッチ。
人それぞれタッチに好みはあるんだろうけど、
僕の第一印象が「古臭い絵だなー・・・」っていう印象で
毎週のように数多く輩出される抜きゲーの中で
本作「神様のゲーム-監禁された6人の男女-」を選択しようと
思う気持ちがなかなかでなかった。

●高評価が目に付き始める
しかし。
ことあるごとに「神様のゲーム」の評価が目に付くようになる。

「シナリオが最高」
「主人公がかっこいい」
「続編を希望」

なんていうのが大きく見える部分で。
そこで思ったのが
「あれ?監禁ゲーだから抜きゲーじゃないん?」ってところ。
大体こういった監禁系のシチュって「実用性シチュ」をてんこ盛りにして
「さぁ雄の本能赴くままに右手の高速回転に励め」といわんばかりの
怒涛のエロラッシュを繰り広げるイメージだったんだけど
なにか様子がおかしい…。
そして思いだしたのが「クロックアップ」の「euphoria」って作品。
この作品も「ハードコア的なエロスの中に驚愕のシナリオを持ってきた名作エロゲ-。

…こうしてmoa青年は重い腰を上げ「神様のゲーム-監禁された6人の男女-」と
向き合うことを決意したのであった←


●登場人物紹介

まずは登場人物を紹介しておこう。


桐山一馬
主人公。社会人5年目の普通のサラリーマンで、唯一の男性メンバー。
従妹の心と共にシネコンへ向かう途中で神に拉致される。
元来優しい性格で、神の気まぐれに巻き込まれた女性達に同情的。
血縁である心だけは何としても生き残らせることを方針に掲げて打算的に立ち回る。
強制される性行為や人間関係に苦悩しながらゲームクリアを目指す。


桐山 心
一馬の従妹で白咲(しらさき)学園二年生、学園では陸上部に所属。
一馬と共にシネコンへ向かう途中で神に拉致される。
明るく社交的な性格で、人の気持ちを思いやれる優しい少女。
幼い頃から一馬にベッタリで、兄と慕っているが、恋愛感情は無い。
全員の生殺与奪という重責を負わされた一馬を支えてゲームクリアを目指す。


円成寺 琴子
旧華族の流れを汲む名家の令嬢。天祥院学園一年生。
部活動に向かう途中で神に拉致される。
身体が小さく体力も低いが、精神面は極めてタフ。
最年少ながら最も早く気持ちを立て直し、生き残るための方策を立てる。
自身の生存を最優先としており、死人が出ることも厭わない。


水島 萌
心のクラスメートで白咲(しらさき)学園二年生。
補習を受けるために学園へ向かう途中で神に拉致される。
派手な容姿で性にもオープン。快活で奔放な性格。
自身で頭が良くないと認めており、ゲームに対してもセックスすれば生き残れるという
程度にしか考えておらず、状況に楽観的。


石動 美月
京南(けいなん)医科大学5回生。
大学へ向かう途中で神に拉致される。
ゲームに巻き込まれても一般的な価値観と倫理観、貞操観を失わない常識人。
高い知性と教養を併せ持つ一方で、性格は四角四面で融通が利かず、メンタルも弱い。
過去に体験したある出来事から男性不信に陥っている。


槇島 百合子
結婚4年目の人妻。
自宅で朝食の準備をしていたところを神に拉致される。
生き残るためにはセックスしなければいけないことを十分理解しているものの、
夫に対する不義になるのではと思い悩む。
最年長ながら状況に対して最も動揺する。


神様
ただのクズ。笑


●シナリオが面白いという声
一番大きい声としては「シナリオが面白い」である。
俗に言う「サスペンス」系のシナリオ構成となっていて
一度プレイしだしたら最後まで付き合う覚悟で…、
下手すればエロ徹(エロゲ-で徹夜の意)を覚悟でプレイすることを
念頭に置いた方がよいだろう。
シナリオのラストは決まっているため
ネタバレ的なものはここでは書かないでおく。
シナリオが良いってエロゲは自分の目と肌で感じてほしいしね。
登場人物たちによる「駆け引き」がエロゲーマーをゾクゾクさせる。
伏線などもありその壮大なスケールに心を奪われるだろう。

猟奇的でありながらも
「一般エロゲーマーにも対応している」内容となっているので
ハードだから怖いぃぃぃって方も安心して?プレイしてもらいたい。





●でもやっぱり
絵タッチについては読み通りの結果。
うーん、ほんと作画が良ければ最高なのに。
あんま人の絵にケチつけるのは好きじゃないんだけど
もう少しなんとかならんかった?
やっぱ古臭さが滲みでてる気がする。
エロシチュとかに関しては問題はないんだけど
絵タッチのせいで魅力が低下しているようにも…。(表情とか)
続編があるとして、この改善点はどう改善していけばいいのかねぇ。
っと、絵についてはやはり改善の余地あり。ですね。



●続編ありきな気もする
最後の流れからすると「続編」を希望したい。
そういった声も「多々」みられるため、
ここまで声が大きくなればきっと続編を考えているだろう。
いや、考えてくれなきゃだめだ!笑
とはいってもね。本作一本で満足いかないかというとそうではない。
名残惜しさからくる「続編希望」ってのもある。
死のゲームと真剣に向き合った作品でその面白さは十分納得いく出来。

●まとめ
抜きゲーとしては次回作にご期待下さいレベル。
ネックなのはやはり絵タッチの面。
これは本当に「リメイク版」としてだせば
また違った評価が生まれると思うんだ。
確実に足を引っ張っている(ここまでボロカスにいうか…w)
それでもそれを補う内容が「神様のゲーム-監禁された6人の男女-」にはある。
ネタバレなどを見ずに楽しんでもらいたい。
ラストは一本道だから純粋にエロデスゲームを堪能してもらいたい。
ともかく高評価の意味は理解できる。
興味をもたれた方は是非プレイしておくように!笑




体験版ありなのでそちらで雰囲気確認もどうぞ。
絵タッチをボロクソにいっているけど、
好き嫌いはあると思うし「え?普通にいいじゃんw」って方もいなくはないだろう。

あ?いや、フォローしてるわけじゃないよ。
僕はちょっと受け付けないってだけで
全人類が「クソな絵」というわけじゃないってことさ。
つかそこまでいったら原画家に失礼。
さっきも書いたけど、そんな絵タッチを補うものが
そこにはあるのでご安心をw

 作品名  神様のゲーム-監禁された6人の男女-
 ジャンル  命がけの残酷ハーレムノベル
 ブランドメーカー  ザウス
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar