Skip to content

百奇繚乱の館

百奇繚乱の館 published on

百奇繚乱の館

百奇繚乱の館
これぞ館ものエロゲ-といった良作エロゲ-です。シナリオ・抜きともに高水準をマークしているかと。「エロゲ-がやりたい」って方にはピッタリかな。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 ★★★★ 
 - 
 あり 

 作品名  百奇繚乱の館
 ジャンル  官能ADV
 ブランドメーカー  アストロノーツ
 通常価格  ¥7,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
民俗学のゼミに所属する学生、青山芳人。
所属ゼミの教授を追ってとある地方に赴いた彼は、人里離れた山中で道に迷い、とある洋館に辿り着く。

その館は莫大な資産を持つ旧華族の名家、神門家の所有する豪邸だった。
館の客人として館に逗留することを許された芳人は、神門家の次期当主を決める『影供の儀』に参加することになる。

神門家の美しくも謎めいた三姉妹、神門家に招待され集められた儀の候補者たち、
そして先代当主神門兵蔵や現当主である神門史華、館の住人たち。

男と女の欲望が交錯するこの館で、芳人を待ち受ける運命とは……?

●アストロノーツの館モノエロゲ-
人気エロゲ-ブランドの館ものエロゲ。
昨今、なかなか見ることのできない「館」ならではの展開が
従来の抜きゲーマー、エロゲーマーをワクワクさせてくれる構成になっています。
閉鎖された中で起きる出来ごとにプレイヤーは右手を動かしながらも
クリックを止めることはできないでしょう。
最近では珍しい?しっかりと考えて作られた「館系エロゲ-作品」になっています。



●垂れ流しではない
まず事前に知っておきたいの「難しい」ということ。
正直、垂れ流し抜きゲーばかりをプレイしてきた人にとっては
攻略難易度は高めといってもいいでしょう。
まぁテクニックが必要であるわけではないので、
無理なら素直に攻略サイトを参考にするのが一番だったりします。

一回のエンディングで全てが分かるわけではない。
何回かプレイしてやっと真実にたどりつく。
エロゲ-マーならずともゲーマーとしては
わくわくさせる周回必須の内容となっています。

●実用性面は?
ボリュームについては「抜きゲー」として申し分なし。
ただ尺なんかは短いものもあり、「すべてが実用できる」ってわけではないかな。
特に僕のような遅漏くんにとってはあっという間の出来事だったり。
でも後半なんかはしっかりと尺とってくれて使えるシチュもあるので
抜きゲーとしての機能もしっかりと備えてくれている印象ですね。



●攻略サイト

てことで、攻略サイトさん載せておきます。
無理って方はこちらを参考にプレイしていただければ
特に問題なくって感じですかね。

http://seiya-saiga.com/game/astronauts/hyakkiryoran.html

自力コンプに意味があるって方もいるので。
最近では珍しい難易度を肌で実感してみるのもありかもしれません。

●絵タッチ
アストロノーツさんですから絵タッチについては特に問題なく
お楽しみいただけるんではないかと思います。
どっちにしろ綺麗めな仕上がりをしているので
万人受けするタッチじゃないかなって思いますです。
シチュなんかはお下劣奇抜さはないものの
「NTR要素」を含んだ描写があるのでそこらへんだけ
ご注意くださいませ。



●まとめ
昨今のエロゲ-と比較すると難易度の高さが目立ちますが、
シナリオ、実用ともに高水準をマークして良作といって
良いのではないでしょうか。
抜き度については「THE抜きゲー」をプレイし馴れている人に
とっては少し物足りなさはあるかもしれません。
短めの尺ではさすがに早漏さんでないと難しいかなっとw
そんでも全体的みれば抜き場はしっかりと用意されている
印象も受けますのでご安心を。
従来の館ものエロゲ-が好きな人はもちろん。
程よいストレスの中「あ、俺今、エロゲ-してる」って
実感したい人なんかにおすすめですねw



体験版ありなので
そちらで雰囲気確認されてもいいかもしれません。
投げやりな創り方をしないアストロノーツさんの
信頼度は確実にアップしたであろうエロゲですね。

 作品名  百奇繚乱の館
 ジャンル  官能ADV
 ブランドメーカー  アストロノーツ
 通常価格  ¥7,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar