Skip to content

魔法の守護姫アルテミナ

魔法の守護姫アルテミナ published on

魔法の守護姫アルテミナ

魔法の守護姫アルテミナ
触手&異種姦系のハードな展開で送る魔法少女系エロゲ-作品。古めですが、いまでも十分通用する趣向を持っていると感じます。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★ 
 ★★★★ 
 - 
 - 

 作品名  魔法の守護姫アルテミナ
 ジャンル  魔法少女異種姦アドベンチャー
 ブランドメーカー  Trois
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
年齢の割には少し落ち着いた、ある意味達観した感のある少女有紗は、
日本語を喋る白馬、マグナスに出会う。
魔法少女に変身してくれと頼みこんでくるマグナスに
有紗は日常が壊されるのを恐れ逃げ出してしまう。
だが、有紗とマグナスを狙う悪の組織の襲撃に、
有紗はアルテミナとして戦う事を余儀なくされる。
人知れず世界を蹂躙しようとするグリードの攻撃を受け、次第に侵蝕されていく日常。
有紗は自ら傷つき心折れそうになりながらも、
次第にアルテミナとして戦うことに使命感を覚えていく。

果たしてその先にある者は絶望か、平和な日常か……。

●闘うヒロインハードに屈する
っとまぁ、魔法少女ものではありがちな設定ですねw
ハード系魔法少女ですんで「好みはハッキリ」してくるところだと思います。
ヒロインのキャラクターがしっかりと立っているので
親しみやすさを感じることができます。
コンプリートするには有る程度時間を要します。
一日ぶっ通しでプレイすればもちろんクリアできますが、
抜きながらとなると長い時間お世話になることでしょう。





●ハード度は万人系
ハード系魔法少女作品とはいっても「ガチハード」ではないってのが本作のポイントでもある。
いい方が悪いけど「ぬるい」って表現がいいのかしら。
でもヒロインに肩入れするっていう点で見ると
このくらいのハードさが心地よいというのも事実。
ガチガッチなハード展開を希望している人は
物足りなさを感じると思うのでその点だけご注意を。

●もうひとつの特徴
これも特徴としてあげられるんだけど、
ヒロインが「ちっぱい」であるということ。
ちっぱいであるということは…そういうことであるw
その方向のものが好きな人にとっては愛でるポイントであるのは事実。
ちっぱいなヒロインをどうぞよろしくお願いいたします。





●成長していくヒロイン
ここまで書いて勘の鋭すぎるひとは感じてきたかもしれない。
そう、本作は「ヒロインの成長を描いた作品」なのである。
ちっぱいなヒロインの正義ではあるけれど「人間らしい」
年頃の女性らしさを描き、プレイヤーはそんなヒロインと一緒に
成長していくのである。
ストーリー自体はぶっちゃけもう少しひねりが欲しいっていうのも
あるんだけど、それでもヒロインに想いを寄せることができる抜きゲーではある。

●いっぱいヤラれよう
魔法少女特有の「異種姦」が目白押しである。
ファンタジーならではのシチュエーション。
好みが分かれるだろうけど、魔法少女を選択している時点で
「触手」が嫌いって人はほぼいないだろうw
触手以外にも人外がでてくるのでヒロインを応援しよう←





●絵タッチ
その方向の趣向を持っている人は「好き」であるだろう。
その方向?何度もいってるじゃないか、「ちっぱい」だよ。
ちっぱいなヒロインがそれ相応の服装をしているわけで
ターゲットとしている層はもはや「アレ」である。
うん、ぼくはいわないよ。あのキーワードはね!

古い作品(とはいっても2011年)ではあるけれど、
現在でも十分通用するタッチだと思う。

●まとめ
ハード系魔法少女抜きゲー!!
って清々しい偏りは正直「見込めない」ってのが事実。
悪いいい方だと「消化不良」ではある。
徹底的にヒロインを懲らしめる展開は少ないけどある。
だけど、どちらかといえば「ヒロインの頑張る姿」
「成長していくヒロイン」を楽しむゲームである。
絶望を味わいたいのならば他作品へ。
ヒロインとともに成長していきたいのなら
プレイしてみて良いだろう。





すぐ救出されるヒロイン。
それをどう受け取るかで評価が変わるだろう。
デモ・体験版なしなのでサンプルイメージで雰囲気を感じ取ってもらい
絵タッチや趣向が自分にあっていると感じたならば
プレイしてみても良いと思う。

 作品名  魔法の守護姫アルテミナ
 ジャンル  魔法少女異種姦アドベンチャー
 ブランドメーカー  Trois
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar