Skip to content

てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~

てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~ published on

てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~

てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~
ラブいちゃで「抜く」に特化したエロゲ「てにおは」が帰ってきた!
実用性を考えて作られたRootnukoの実用制特化型抜きゲーです。
ちなみに前作は萌えゲーアワード金賞受賞!!

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★ 
 ★★★★ 
 ★★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~
 ジャンル  本当は女の子だってエッチに興味津々ADV
 ブランドメーカー  Rootnuko+H
 通常価格  ¥7,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
主人公、性欲を持て余す。
「はぁ……、こんなエロいことを実際にしてみたいよなぁ……」
「あたしと一緒に、えっちなこと…………してみよっか?」
「ふぁっ!?」
これは夢だろうか? いや、現実だ……!
急転直下の展開に、主人公は耳を疑いながらも
否応にも期待と興奮は高まり……。
信じられない程の柔肌に身を埋めながら、
主人公は確かな予感に打ち震える。


※youtubeの埋め込み動画です。非エロです。

●もっとえっちなコトいっぱい
無印から待望の2ということで、DL販売されるのを楽しみにしていた一本。
前作はとにかく「エロス」を追求した仕様になっていて多くの抜きゲーマーから
絶賛されましたね~。正直、今でも十分におかずとして使用できるので、
本腰入れてプレイしたいって方は無印からプレイしても良いかもしれません。

てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~はこちらから

ターゲットとなる層は、一言でいえば「抜きゲーマー」。
エロゲーマーではなく、抜きゲーマーと言っておきましょうw
ブランド側の意図は「抜く」に特化した作り。
それ故に正直「エロは付属品」な美少女ゲームと比較すれば
(比較対象にもならんが)怒涛の実用性特化シチュでお出迎え。




●実用性特化型たる所以
・CG枚数も前作より更にボリュームアップ
・豊富なエッチシチュエーション
・エッチを盛り上げる淫語・卑語も盛り沢山!

3拍子揃えて抜きに特化。
「可愛い顔」して「お下劣系」っていう
ギャップ抜きができる模様w

フェチ系(アブノーマル)系もとことん責めた内容になっていて、
よくある「低価格の抜き特化型作品」を「フルプライス」で
つくったらこうなりました!って感じに仕上がっている。

尺もしっかりと「抜き」を意識してくれてるんで
「抜きやすい尺」になっているし、
自分の好きなシチュがありすぎて
「今日はどのシーンで抜こうかしら」と
夕方からわくわくが止まらない状態になる可能性も←

こんな彼女が俺も欲しい!
と思っちゃうようなエッチに興味津々なヒロインのフェチズムを
楽しむことができる。




●受け身シチュ
ラブ系ではあるのは確かだけど、
エロに興味を抱いた女子は「痴女」となる所以。
故に、責めシチュよりも「責められ」が多くなってくる。
ヒロインに責めてもらえるのは嬉しい。
もちろん主人公が責めも行うシチュもあるが…

主人公、M男属性が強い!
「ヒロインに責めてもらう」ことが好きでないと
面白さも半減してきちゃうかなー。

この点はポイントとして踏まえておくとよいかな。




●ヒロイン紹介
いつものように簡単に…

「あたしと一緒に、えっちなこと…………してみよっか?」
芹沢 愛実
殆どオモテには出さないが、
実はむっつりなところがありエッチなことに興味津々。
一度ハマるととことん没頭してしまう性格もあり、
日々悶々とした想いを抱えながら自分で自分を慰めている。

「ええ、ですからセンパイみたいなヘンタイさんでしたら大丈夫かなと」
柚木 ひなた
趣味はゲームにアニメ・漫画と、完全にオタク趣味。
実は誰も知らない裏の顔があり、
なんとその正体は主人公も敬愛してやまない有名同人作家。

「くすっ、いい子ね♪ じゃあ、折角だからそのまま全裸になっちゃおうか?」
高井 彩寧
実はインターネットの画像掲示板などに
降臨する某女神として、密かに活動している。
性への探究心が人一倍強く、本能の赴くままに
エッチな自撮り写真などを撮影しては楽しんでいるとか。

「ふふ、相変わらず仲いいね2人とも」
吉川 琉美
インドア趣味の控えめな性格で、
校内でもあまり目立たないタイプ。
あまり注目はされてないが制服の下に隠れた
豊満なボディはかなりのもので、所謂ぽっちゃり系女子。




●絵タッチ
むちむっちなボディ。おっぱいの使い方がうまいなぁって思う。
あとはお尻とか。ぽっちゃり系ヒロインを投入したことは
フェチズムを追求したってのと挑戦的な意味も込めて評価できる。
お下劣系演出も踏まえると好き嫌いは分かれそうではあるが、
「女性の性的ポイント」をしっかりと意識したタッチといえる。
あ、あと構図なんかも結構うまいなぁってw




●まとめ
フルプライスで「抜き」を徹底的に追求した「ド変態」な
らぶイチャ系フェチズム抜きゲー。いろんな言葉が頭ん中に浮かんできて
どれが正解なのかはわからないけど、冒頭で言った通り、
「実用性に特化して作られた抜きゲー」っていうのはその通りなんで
絵タッチが気に入ってなおかつ「変態シチュ」が大好きって方は
抜きまくれる内容になっているので、楽しんでもらえればと思います。





体験版あるのでまずはそちらで雰囲気確認もよし。
肌に合う合わないはやっぱりあると思うんで、
絵タッチがまず好みかどうかっていうのも大切かなっと。

 作品名  てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~
 ジャンル  本当は女の子だってエッチに興味津々ADV
 ブランドメーカー  Rootnuko+H
 体験版/デモ  あり/あり
 通常価格  ¥7,800円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

Primary Sidebar

Secondary Sidebar