Skip to content

di-room

di-room published on

di-room

di-room
密室陵辱強要サスペンス!「状況を、愉しめ」!つるみくのハード系(?)エロゲ-作品です。

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★★ 
 ★★ 
 ★★★★ 
 - 
 - 

 作品名  di-room
 ジャンル  密室陵辱強要サスペンス
 ブランドメーカー  つるみくAnother
 通常価格  ¥4,320円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから

あらすじ
目覚めよと呼ぶ声が聞こえ、彼は覚醒した。

見知らぬ場所。見知らぬ男。

男は言う、我々は閉じこめられたのだ、と。

何者が、何故、何処に、何時、如何にして?

問いへの応えは、絶叫だった。

突如として苦悶し、倒れる男。

彼は、人の死を見た。

狼狽する彼の耳に、何者かの声が響く。

「死にたくなければ、女を犯せ」

そして彼、真壁大希は選択する―――

●つるみくAnother
つるみくブランドの「つるみくAnother」。
その第一作目が本作「di-room」です。
つるみくといえば「ハード系抜きゲー」を輩出する
有名ブランドですよね。
ファン層が多く、ハード系エロゲ-界で名前を知らない人。
ブランド名知らずとも作品名を聞いたことある人っていうのは
多いはずです。

さてさてそんなつるみくAnother一作目は
どんな仕上がりになっているのでしょうか。



●ヒロイン紹介

アサミ(少女A)
ホテルの一室のような場所に鎖で繋がれている少女。
誘拐、監禁という異常な状況にもかかわらず比較的落ち着いている。

リネット・ベアトリス(少女B)
愛称はリーネ。いかがわしい道具の並ぶ、
SM部屋のような場所に鎖で繋がれている少女。
誘拐、監禁という異常な状況に困惑、恐怖している。

●差別化
簡単にいえば少女Aのアサミと少女Bリーネで差別化がされており
リーネはハード担当といったところです。
アサミさんは和姦担当って感じかな。
ヒロインは2名ですがこうした差別化がされていることで
2人分しっかりと楽しむことができますねw

●一見ハード系
タッチや内容を見ると一見「こってこてのハード系ヌキゲー」に
見えなくはないんですけど、実際にプレイして感じるのは
「純愛」な要素を含んでいること。

密室監禁という状態で起こる
恋愛模様を描いた…といってよい感じかな。

っとなると、
コッテコテのハード系抜きゲーを求めてる人にとっては
消化不良な部分も否めないでしょう。

そんでクロックアップさんのEuphoriaを思いうかべる人が多く、
実際それを意識して作ってるんじゃないか?と思う内容。
ただ本家Euphoriaと比べてボリューム的にもコンパクトにまとめた印象。
もちろんその分値段も抑えてあるわけだから良いか悪いかは人それぞれ。

僕としてがつるみくのハード×純愛模様を描いた作品は
嫌いではないんでいんですけど、
つるみくに求めるのってやっぱ「ハードなエロゲ」だって人は
多くいると思うから。
その辺はつるみくさんにとっても難しいところなのかもね。
そういう意味でブランドを「つるみくAnother」に変えたっていうのも
あるのかもしれないなぁー。



●絵タッチ
タッチについてはつるみくクオリティです。
特に不満はないかなっと思いますし、
従来のつるみくファンの方もその点は安心して
楽しめるんじゃないでしょうか。
つるみくって独特な雰囲気を持ったタッチでエロスを感じますよね。

●まとめ
いつものつるみくってイメージでプレイすると
ちょっと違うかなっと。
そんでもハード系演出あり~の、
マニアックなプレイあり~のでシチュ自体も
和姦・ハードと楽しめる内容になっています。
もっとぶっ壊れてもいいかもしれないけど、
まぁそこらへんは時代もありますしなんともいえませぬw

シナリオとか総合的に見れば
コンパクトにまとめたもののコンセプトとマッチしているし
及第点は超えた内容になっているんじゃないかなっと
個人的には思うわけです。
もちろん僕自身つるみくファンでもあるので
若干の色目を使っちゃってる可能性もあるけど。

強いて言うならば
フルプライスでじっくりネトネト
なかなか堕ちないヒロインを演出することが
できればなお良かったかなっと思いますね。




体験版・デモなしです。
及第点はとれていると感じますので
あとは直感と絵タッチと上記にあげた
雰囲気でGOしてみてください。

 作品名  di-room
 ジャンル  密室陵辱強要サスペンス
 ブランドメーカー  つるみくAnother
 通常価格  ¥4,320円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


Primary Sidebar

Secondary Sidebar