Skip to content

名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~

名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~ published on

名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~

名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~
女装して潜入→で、速効見つかってエロ。エロマンガ的シチュはGOOD!ボリュームは…

 画力 
 ハード度 
 ラブ度 
 抜き度 
 デモ 
 体験版 
 ★★★★ 
 ★★ 
 ★★★ 
 ★★★ 
 あり 
 あり 

 作品名  名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~
 ジャンル  お嬢様が修学旅行に行くとこんなにエロイんですADV
 ブランドメーカー  Apricot Cherry
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


※youtubeの埋め込み動画です。非エロです。

あらすじ
よく晴れた日の駅構内。
「ごきげんよう」聞き慣れない挨拶がそこかしこで行われている。
楽しげに、これからの予定を話しているお嬢様達がいた。
今日から関東圏の文化を見聞きするカナリア女学園の修学旅行。
教会、仏閣、アミューズメントパーク等を節操なくまわる
三泊四日の楽しい旅行である。

主人公・麻布怜治(あざぶれいじ)は、姉の代わりに女装して
この旅行に行く羽目になってしまった。
いつバレるか分からない……最低の気分で新幹線に乗り込むが、
誰も怜治の女装には気づかず、姉だと思って話しかけてきた。
そうなると現金なもので、少し安心し女子だけの空間に気分が良くなる怜治だった。
良い匂いに包まれ、耳に心地よい上品な話し声が聞こえてくる。
なんとかなるかもしれないという余裕で軽く息を吐くと、ちょっと顔が緩んでしまう。

「……あなた、怜治君?」
怜治の前に学園会長の神坂麻紀がやってきた。
完全に詰んだ!?

お嬢様女子高に女装姿で一人混ざって三泊四日を過ごす事になる怜治。
常に女の子達に囲まれる旅行はドキドキが一杯!?

●お嬢様にエロされる抜きゲー
もう一言でいうと「これ」ですね。
これを楽しむためだけの抜きゲーです。
シナリオ自体は「抜きゲー仕様」といっていいでしょう。
そうです…こまけぇこたぁ気にすんな!でいないと
精神が崩壊してしまいます。
お嬢様学校の旅行に「女装」して潜入する時点で「???」となりますがw
(そこまでして旅行に行った事実が欲しかったのか姉よ!!!)←心の声

●女装が好き?嫌い?
タイトルだけみると「女装してお嬢様とエロするんや」と思いこみがちですが、
速効でヒロインにバレますのでご安心を!

女装シチュが楽しみたかったという人にとっては残念!回れ右でお帰り下さい。
女装題材を活かしきれずに物語が進んでいくのでございます。
女装にコダワリがないって方は良いかもしれませんね。




●漫画調は良い
一部シチュに漫画のような演出が施されており、これは「良い」と素直にいえます。
特にエロマンガ好きって方は気に入る演出ではないでしょうか。
ただね…少ないんですよ!その演出全部には無理だったの?っと思ってしまいます。

●絵タッチ&シチュ
ヒロイン勢の表情は個人的に好きですね。
絵タッチ自体は問題なく楽しめるのではないでしょうか。
アヘ顔が好きっていう方はGOODだと思います。
逆にアヘ顔が苦手な人は回避したほうが良いかな。
シチュエーションは「お嬢様に弱味を握られて・・・?」と期待しますが、
男性主導でのエロが多いです。

●実用性&まとめ
素材はいいんだけど、頭を過ぎるのは「予算オーバー」という言葉。
ボリューム面でもそれが出ているような気がするんですよね。
うん、この値段ならもっと長くても良いと思う。
抜きゲーとしては「怒涛のエロ」であるため使いやすさはあるんだけど、
せっかくの「女装」や「修○旅行」を使いこなせていない感。
あとはやっぱ漫画調な効果音はすべての演出につけるべきだと思うし、
それだけでも評価が変わってきたんじゃないかなっとも思える。
試験的につけたとしたならば次は「全CG」で楽しみたいですね。
低価格抜きゲーが数多くある中での、この値段勝負であるならば、
やっぱそれなりの強みが欲しいのが本音。




抜きゲーとしては使用できますが、ボリュームはやや少な目。
シナリオは抜きゲー仕様なんで深く考えるのは辞めましょうw
ハーレム展開もないのでそちらを期待されている方もご注意。
エロマンガのような演出は良いと感じたので、その点を強みに
次回作に期待したいです。

 作品名  名門女子校旅行 ~俺だけ男なんですが!?~
 ジャンル  お嬢様が修学旅行に行くとこんなにエロイんですADV
 ブランドメーカー  Apricot Cherry
 通常価格  ¥7,344円
 体験版/DL販売  体験版・デモムービー・購入はこちらから


Primary Sidebar

Secondary Sidebar